川崎医科大学 乳腺甲状腺外科学教室

“心暖かく、日本で一番よい診療”を目指しています。

乳腺甲状腺外科の独立した科を有する大学は全国でも極めて少なく、 40年余りの歴史をもっています。充実したスタッフの豊富な経験により、 手で触らないような微小がんの診断から、難治性の進行がんの治療まで、 「心暖かく、日本で一番よい診療」を目指しています。

川崎医科大学 乳腺甲状腺外科の歴史

昭和49年(1974年)4月 原田種一 外科学(内分泌)助教授就任
昭和50年(1975年)1月 妹尾亘明 内分泌外科 教授就任
昭和60年(1985年)10月 原田種一 外科学(甲状腺)教授就任
昭和62年(1987年)9月 第62回中国四国外科学会総会 主催
平成2年(1990年)3月 妹尾亘明 内分泌外科 教授退任
平成2年(1990年)4月 第2回日本内分泌外科学会総会 主催
平成4年(1992年)11月 第25回甲状腺外科検討会 主催
平成7年(1995年)3月 原田種一 外科学(甲状腺)教授退任
平成8年(1996年)4月 園尾博司 外科学(乳腺甲状腺)教授就任
平成12年(2000年)1月 第28回中国四国甲状腺外科研究会 主催
平成12年(2000年)2月 第1回乳がん化学内分泌療法研究会 主催
平成12年(2000年)8月 第10回乳癌基礎研究会 主催
平成14年(2002年)7月 第3回乳癌最新情報カンファランス 主催
平成16年(2004年)9月 第1回日本乳癌学会中国四国地方会 主催
平成17年(2005年)6月 第13回日本乳癌学会総会 主催
平成19年(2007年)3月 第13回日本良性乳腺疾患研究会 主催
平成20年(2008年)9月 第26回国際乳癌リサーチ学会(IABCR) 主催
平成21年(2009年)4月 園尾博司 乳腺甲状腺外科 教授就任(教室名変更)
平成21年(2009年)5月 第21回日本内分泌外科学会学術総会 主催
平成22年(2010年)10月 第43回日本甲状腺外科学会学術総会 主催
平成23年(2011年)10月 第21回日本乳癌検診学会学術総会 主催
平成24年(2012年)4月 第28回日本乳腺甲状腺超音波診断会議 主催
平成25年(2013年)3月 園尾博司 乳腺甲状腺外科 教授退任
平成26年(2014年)4月 紅林淳一 乳腺甲状腺外科 教授就任
平成28年(2016年)6月 第17回ホルモンと癌研究会 主催
平成28年(2016年)8月 第17回乳癌最新情報カンファランス 主催
平成29年(2017年)2月 第45回中国四国甲状腺外科研究会 主催
平成29年(2017年)9月 第14回日本乳癌学会中国四国地方会 主催
第14回日本乳癌学会中国四国地方会 主催

第26回国際乳癌リサーチ学会(IABCR) 主催

学会レセプションでのひとこま

同門会

同門会誌「ふたご」を発刊

同門会誌「ふたご」
ホームへ戻る
ページの先頭へ戻る