学園 花だより

平成21年

平成21年12月21日更新

このところ一気に冷え込みましたが、風邪などひかれておりませんでしょうか。岡山県内でも降雪が観測され、本格的な冬の到来を感じます。久しぶりに園内を散策してみました。ふるさとの森では、サザンカの花が咲いているのを見つけました。サザンカはツバキと似た花を咲かせますが、ツバキと違い香りがあり、花びらがはらはらと一枚ずつ散るのが特徴です。サザンカを見つけたら、その香りも楽しんでみてはいかがでしょうか。

ふるさとの森

(平成21年12月18日撮影)

  

医福大

  
  

平成21年11月16日更新

秋も深まり、園内の木々が色づく頃になりました。サクラやトチノキ、楷の木も紅葉の見頃を迎えています。晴れの日には、抜けるような空の青と、赤や黄に色づいた木々のコントラストがとても鮮やかに映ります。お休みの日には、紅葉狩りに出かけてみてはいかがでしょうか。

ふるさとの森

(平成21年11月20日撮影)

  

(平成21年11月19日撮影)

  

(平成21年11月12日撮影)

  
  

(平成21年11月6日撮影)

  

現代医学教育博物館

(平成21年11月12日撮影)

  

病院

西門付近 (平成21年11月6日撮影)

  

外来中庭 (平成21年11月6日撮影)

  
  

医福大

(平成21年11月6日撮影)

  

附属高校

(平成21年11月12日撮影)

  

平成21年9月25日更新

朝夕、随分しのぎやすい季節となりました。夏から秋へ、季節の変わり目を感じる今日この頃です。久しぶりに園内を散策してみました。

赤紫色と白色の、萩の花を見つけました。秋の七草の一種として知られています。ふるさとの森では、栗の木にたくさんの実が生っているのを見つけました。ふと足元を見れば、どんぐりの実もころころ…。気が付けば園内は秋の色に変わりつつあるようです。
(平成21年9月24日撮影)

ふるさとの森

  

外来中庭

  

平成21年8月25日更新

暑い夏も、少し早い秋へ変わりつつあります。今年の夏は例年に比べ過ごしやすかったように感じます。久しぶりに園内を散策してみました。ふるさとの森ではカイコウズが鮮やかに咲いています。別名を「アメリカディゴ」といい、6月ごろから秋ごろまでが見頃です。初秋の爽やかな日差しを浴びに、園内を散策してみてはいかがでしょうか。
(平成21年8月24日撮影)

ふるさとの森

  

病院

玄関前

  

外来中庭

  
  

平成21年7月3日更新

梅雨の時期に入り、連日のように曇りや雨の日が続いています。どんよりとした空を見ると、出歩くのが疎ましく感じられる方も多いのではないでしょうか。そんな憂鬱な気分を吹き飛ばすように、外来中庭には色とりどりのバラ、カンナ、アガパンサスが咲いています。見ているだけで晴れやかな気持ちになりますね。
(平成21年7月3日撮影)

外来中庭

  
  

平成21年6月11日更新

附属高校の池の睡蓮が咲き始めました。池のそばに“ししおどし”が設置され、池の水をリサイクル利用しています。時折響く“ししおどし”の明澄な音が敷地内に響き、さわやかさを演出してくれます。ゆっくりと風情を楽しみに、附属高校へ足をのばしてみてはいかがでしょうか。
(平成21年6月7日撮影)

附属高校

  
  

平成21年5月18日更新

16階屋上庭園ではバラが見頃です。情熱的な赤、やわらかなピンク、清潔さあふれる白などたくさんの色の花を観賞できます。花のサイズも小ぶりなものから手のひらほどあるものまで大小さまざまで、花壇のまわりはやさしい香りに包まれています。
(平成21年5月15日撮影)

16階屋上庭園

  
  
  

平成21年5月8日更新

大型連休も終わりました。みなさんどのような休日を過ごされたのでしょうか。ふるさとの森では、ツツジやアヤメが鮮やかな色で咲きそろい、訪れる人を魅了しています。暖かな陽気を浴びながら、園内を散策してみてはいかがでしょうか。
(平成21年5月8日撮影)

ふるさとの森

  
  

平成21年4月23日更新

附属高校ではドウダンツツジの木が、スズラン状の小さな白い花を咲かせています。風に揺れる姿がとてもかわいらしいです。新緑もまぶしく、さわやかな風がとても心地よく感じられる季節になりました。
(平成21年4月22日撮影)

附属高校

  

平成21年4月22日更新

新緑の季節になりました。園内各施設の、今年のサクラの開花の様子をまとめました。華やかな園内の風景をお楽しみください。

ふるさとの森

(平成21年4月8日撮影)

  

(平成21年4月6日撮影)

  

(平成21年4月3日撮影)

  

(平成21年3月27日撮影)

  

(平成21年3月24日撮影)

  
  
  

医大玄関前

(平成21年4月3日撮影)

  

病院

病院中庭
(平成21年4月3日撮影)

  
  

(平成21年3月24日撮影)

  

外来中庭
(平成21年4月3日撮影)

  

(平成21年3月24日撮影)

  
  
  

医福大

(平成21年4月7日撮影)

  

短大

(平成21年4月7日撮影)

  

附属高校

(平成21年4月8日撮影)

  

平成21年3月12日更新

一雨ごとに春を感じる季節となりました。ふるさとの森では緋寒桜(ヒカンザクラ)が満開です。花びらは濃い紅色で、半分閉じたようなつりがね状で、下に垂れて咲いています。ふるさとの森を散策する方も増えています。皆さまも春を感じて歩いてみませんか。
(平成21年3月10日撮影)

ふるさとの森

  
  

平成21年2月13日更新

短大の梅並木は、白梅・紅梅ともにつぼみがふっくらとし、今にも咲き揃いそうな勢いです。心なしか日差しも柔らかくなり、梅の木も遠くに附属病院を眺めながら、まるで春の訪れを待っているようですね。
(平成21年2月10日撮影)

短大

  
  

平成21年2月5日更新

節分が過ぎ、暦の上では立春を迎えました。例年の寒さに比べて7年ぶりの穏やかな春の訪れのようです。また、日本気象協会は4日、今年の桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表しました。ふるさとの森では、ウメやロウバイ、スイセンが、厳しい寒さに別れを告げるかのように咲きはじめています。ウメは別名「春告草(はるつげぐさ)」といいます。春はもうすぐそこまでやって来ていますね。
(平成21年2月5日撮影)

ふるさとの森

  
  
  


Copyright 2007 KAWASAKI Club.all rights reserved.