KAWASAKI CLUB

HOME

お問合せ

サイトマップ

サイトポリシー

文字サイズ 大 中 小
KAWASAKI CLUB 学園の今 イベント・入試情報 学園施設・同窓会
KAWASAKI学園の今
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
KAWASAKI CLUB NEWS
川崎学園ヒストリア
その他施設の広報誌
学園施設
同窓会
採用情報
フォトギャラリー
花だより


2016.3月 平成27年度卒業式挙行

平成26年度 川崎医科大学入学式川崎医科大学
3月16日(水)14時から、本館棟8階大講堂において第41回卒業式が挙行され、104名が卒業されました。

平成26年度 川崎医療福祉大学入学式川崎医療福祉大学
3月14日(月)10時から、総合体育館において平成27年度卒業証書・学位記授与式が挙行され、826名が卒業されました。

平成26年度 川崎医療短期大学入学式川崎医療短期大学
3月15日(火)10時から、医療短期大学体育館において平成27年度卒業証書・学位記授与式が挙行され、331名が卒業されました。

平成26年度 川崎医科大学附属高等学校入学式川崎医科大学附属高等学校
3月3日(木)10時から、附属高校体育館において第44回卒業式が挙行され、22名が卒業されました。

平成26年度 川崎リハビリテーション学院入学式専門学校 川崎リハビリテーション学院
3月19日(土)10時から、本館棟8階大講堂において第40回卒業証書授与式が挙行され、45名が卒業されました。

2016.1.18 12月1日開院「川崎医科大学総合医療センター」 川崎医科大学附属川崎病院

川崎医科大学総合医療センター 現在建築中の新病院の名称が、新築移転を機に「川崎医科大学総合医療センター」に変わります。
 12月1日の開院に向けて建築工事は順調に進んでおり、一昨年の夏に着手した建物の主要構造部分(柱、床など)を作る躯体工事は概ね完了しました。今後は、屋上階(ヘリポート部分)の外装工事に取り掛ります。
 また、今月から工事現場の仮設フェンスを撤去し、敷地周囲の歩道や道路を整備する外構工事に着手しています。

2015.11.13 「くるみん」認定 次世代育成支援対策推進法に基づく認定通知書交付 川崎学園

「くるみん」認定 WLB(ワークライフバランス)の取組み、子育て支援センターの設置、臨床教育研修センターでの復職支援など、職員の仕事と子育てに関する「一般事業主行動計画」(第三次)の目標を達成できた基準適合一般事業主として「くるみん」認定を受けました。
 11月13日(金)岡山労働局において交付式が行われ、三上岡山労働局長から認定通知書を受け取りました。現在岡山県下の1000社を超える企業のうち、「くるみん」認定企業は31社ありますが、400床以上の病院としては初、大学としては岡山大学に次いで2番目の認定となります。

2015.10.11 第41回 川崎学園祭2015 開催

第41回 川崎学園祭2015 10月10日(土)・11日(日)に、第41回川崎学園祭2015が開催されました。今年は「All Four One」を統一テーマに、医学講演会、医学展、仮装行列、東北復興支援展、オープンキャンパス、武道祭、プロコンサート、その他たくさんのイベントが行われました。学園内外から多くの方が参加され、大盛況のうちに閉幕となりました。

  ※川崎学園祭2015のホームページはこちらから

2015.9.15 備前市と包括協定締結 川崎学園

備前市と包括協定締結 備前市と川崎学園は、医療・保健・福祉等の分野で連携し、地域社会の持続的な発展と人材育成に寄与することを目的とした協定を結びました。
 9月15日(火)、備前市保健センターで行われた締結式において、川ア誠治理事長は「今後も備前市の皆さんの期待に応えられる病院を目指すとともに備前市と地域のニーズを共有し、備前市の医療、保健、福祉の充実のため、学園が更に貢献できるよう努めたい」と挨拶しました。
 7項目からなる連携協力事項には、地域の医療、保健及び福祉の充実、大学等が有する専門知識を活かした地域振興、学生及び卒業生が地域の担い手として活躍するための仕組みづくりを作ることなどが盛り込まれています。

  ※山陽新聞掲載記事はこちらから

2015.8.25 上海中医薬大学と友好提携の包括協定締結 川崎学園

上海中医薬大学と友好提携の包括協定締結 川崎学園と上海中医薬大学とは、1984年(昭和59年)に友好提携の協定を締結して以来、今日まで共に誠意ある協力と交流を行い、友好関係の発展、教育活動の推進を進めてきました。
 8月25日(火)西館棟16階大会議室で行われた協定書の締結式では、川ア誠治理事長をはじめとする各大学学長と上海中医薬大学 徐建光学長など5名の出席のもと、川ア理事長と徐学長が「友好と協調の精神に基づいて、医学及び医療福祉学の教育研究等の分野における交流活動を発展させる」など7項目からなる友好提携協定書に調印しました。
 徐学長は「教職員・学生の相互訪問、学術交流、留学生受け入れなどを通じて友好交流を深めたい」と述べられ、川ア理事長は「初代理事長の川ア祐宣の心には、日中両国の友好親善と日中医学会の学術交流の促進、発展の強い思いがあり、今回の調印を新たな起点として今後更に交流が深まることを願っている」と挨拶されました。

  ※山陽新聞掲載記事はこちらから

2015.8.19 かわさき 夏の子ども体験教室2015 開催

かわさき 夏の子ども体験教室2015 今年で7回目となる体験教室を8月18日(火)、19日(水)、現代医学教育博物館などを会場として開催しました。募集人数200名に対し1,001名の応募があり、両日合わせて447名 (保護者・託児幼児を含む) が参加されました。午前の部は、医科大学の教授らによる講演とドクターヘリや附属病院などの見学を行いました。午後の部は、「内視鏡手術体験」「人体図鑑を作ろう」「人にやさしさを伝えてみよう」など5つのコースに分かれて体験学習を行いました。

  ※かわさき 夏の子ども体験教室2015のホームページはこちらから

2015.7.24 総社市と包括協定締結 川崎学園

総社市と包括協定締結 総社市と川崎学園は、医療・保健・福祉等の分野で連携し、地域社会の持続的な発展と人材育成に寄与することを目的とした協定を締結しました。
 7月24日(金)、総社市役所で行われた締結式において、川ア誠治理事長は「総社市と地域のニーズを共有し、総社市の医療、保健、福祉の充実のため、学園が更に貢献できるよう努めたい」と挨拶しました。
 これまで総社市には実習生(看護・栄養)を受け入れていただいている一方、川崎学園は総社市の各種審議会への参画及びがん検診の受託・実施等を行ってきていますが、更なる連携強化を図るため、地域の医療・保健・介護・福祉・教育の充実、川崎医科大学や川崎医療福祉大学などが持つ専門知識を生かした地域振興、学生及び卒業生が地域の担い手として活躍するための仕組みづくりを作ることなど6項目の連携協力事項が盛り込まれました。

  ※山陽新聞掲載記事はこちらから

2015.7.15 台湾粉塵爆発事故に対する医療支援 川崎医科大学附属病院

台湾粉塵爆発事故に対する医療支援 6月27日(土)台湾で起こったコーンスターチによる粉塵爆発事故に対する医療支援のため、日本医師会からの人選により山田祥子医師(川崎医科大学附属病院 救急科)が派遣され、7月12日(日)〜15日(水)の4日間、台湾の5病院を訪問し熱傷治療のアドバイスや意見交換を行いました。
 負傷者は13歳〜33歳までの若者約500名。多くの患者が体表面積の50%以上の熱傷を負い、傷は深く、熱気を吸い込む気道熱傷も負った状態でした。
 今後、手術などの医療行為も行うことができる協定が結ばれた後には、日本医師会として継続した支援が期待されています。

※山陽新聞掲載記事はこちらから

2015.5.15 倉敷市と包括協定締結 川崎学園

倉敷市と包括協定締結 倉敷市と川崎学園は、 医療・保健・福祉分野などで連携し地域の持続的な発展に寄与することを重要な目的とした協定を結びました。
 5月15日(金)、倉敷市役所で締結式が行われ、川ア誠治理事長は「倉敷市と地域のニーズを共有し、倉敷市の医療、保健、福祉の充実のため、学園が更に貢献できるよう努めたい」と挨拶しました。
 倉敷市が学校法人や大学と包括的な連携協定を結ぶのは初めてのことであり、学園にとっても行政機関との包括連携協定は初めてのことです。

  ※山陽新聞掲載記事はこちらから

2015.4.25 ネパール大地震被災者治療活動 川崎医科大学附属病院

ネパール大地震被災者治療活動 4月25日(土)ネパールの首都カトマンズを直撃した大地震(M7.8)にJICAのJDR(Japan Disaster Relief Medical Team)医療チームの一員として鼠尾弘恵看護師(川崎医科大学附属病院 高度救命救急センター)が派遣されました。
 8,000人を超える死者と800万人を超える被災者に国際的な救援が必要とされ、鼠尾看護師は、緊急支援の要請で第一陣として現地に向かいました。救援活動を行ったバラビセ村は、山岳地帯でインフラが十分でない状況でしたが、日本の援助隊が診療するという情報を聞きつけ10時間もかけて診療を受けに来るなど、日本の医療チームに対する期待の高さが分かりました。診療をした患者は645名で、うち手術は12件、外傷者が多かったということです。JICAで、いつでも出動できるように自己鍛錬や医療チームの訓練を重ねてきたことが、救援活動においてプロの集団としての実践につながったとのことです。

2015.4月 平成27年度入学式挙行

平成26年度 川崎医科大学入学式川崎医科大学
4月7日(火)10時から、本館棟8階大講堂において第46回入学式が挙行され、120名が入学されました。

平成26年度 川崎医療福祉大学入学式川崎医療福祉大学
4月2日(木)10時から、総合体育館において平成27年度入学宣誓式が挙行され、847名が入学されました。

平成26年度 川崎医療短期大学入学式川崎医療短期大学
4月3日(金)10時から、医療短期大学体育館において平成27年度入学式が挙行され、351名が入学されました。

平成26年度 川崎医科大学附属高等学校入学式川崎医科大学附属高等学校
4月8日(水)10時から、附属高校3階小講堂において第46回入学式が挙行され、23名が入学されました。

平成26年度 川崎リハビリテーション学院入学式専門学校 川崎リハビリテーション学院
4月4日(土)10時から、本館棟8階大講堂において第42回入学式が挙行され、53名が入学されました。

PAGE UP