診療案内教室概要入局案内リンク一覧
TOP > 診療案内 − 教授挨拶

ご挨拶

胸部心臓血管外科教授 種本 和雄

川崎医科大学心臓血管外科ホームページを訪れてくださいまして有り難うございます。我々は世界トップレベルの技術を持って、患者さんの治療のために日夜、診療・研究・教育にと努力を惜しまない集団です。患者さんが元気になられるためであれば、24時間何でもやらせていただく意気込みをモットーとしております。

当教室では心臓血管外科の疾患を取り扱っておりますが、いずれの疾患も罹られた患者さんにとっては大変な問題ですので、どんな疾患でも患者さんは限りない不安を抱えて我々のところを受診しておられることは決して忘れてはならないと日々考えております。このような患者さんの不安を考えて、我々はインフォームドコンセント(IC)を重視した診療を行っています。わからない、理解できない、不安がある、医者に聞きにくい、という気持ちを患者さんが持った状態で良い診療を行えるはずがありません。ですから、十分な説明(IC)を行って確実に理解して頂くことが、十分な治療効果を得るためには必須のものです。「医者に説明を求めるのは気が引ける」、「先生はいつも忙しそうなので時間を取らせるのは気の毒」などと考えられる必要はありません。さあ、ちょっと勇気を出して医師に貴方の疑問をぶつけてみましょう。それで納得できる話をしてくれる医師にこそ、安心して貴方の大切な命を任せるべきでしょう。我々は技術と知識のみではなく、あらゆる面で患者さんからの信頼を得られる医師を育てることが一番大切なことだと常々考えて教育・診療を行っています。

また、これは全国的な傾向ですが、心臓血管外科領域では手術を受けられる患者さんの年齢が年々上昇し、疾患自体も重症化が進んでいます。それらに対応するために我々は新しい技術と知識を開発することを責務と考えています。具体的には他人の血液を使わないでご自分の血液だけで手術を行おうとする自己血輸血については特に力を入れており、全国をリードする成績を出しております。

今回から、職員教育のために私が書いた文章を掲載していきたいと思っています。ご批判、ご意見をいただければ幸いです。

執筆作品集

心臓血管外科 教授 種本 和雄

タイトル PDF
おもてなしの国のおもてなしの受け方
誰が為にバリアフリー?
パラダイムシフト

家族からの手紙

幽霊の手が〜!
改革のチャンスです!
「チーム医療」推進のためのお願い
建設的意見とクレーマー苦情
かわいいペット
20年後に負けないために
当事者はあなたです!
お葬式に行きましょう
RSVPって便利な英語
それは片落ちでござる
キャッチボールを楽しんで!

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReaderRが必要です。
お持ちでない方は こちらからダウンロードしてください。