1. トップ
  2. 学園内各施設
  3. その他の施設・設備

総合グラウンド

川崎学園総合グラウンドは平成27年(2015年)3月に完成。

インフィールド部分には主に、ラグビー・サッカー仕様(フットサル・ラクロスも利用可)で“ロングパイル人工芝”を採用、また、陸上競技場は、全天候舗装を採用、トラック1周400m6レーンと跳躍場、投てき場が整備され、夜間照明6基も備え、21時までの練習が可能になりました。

概要

  • 陸上競技場
    トラック(6レーン)
    複合ウレタン舗装 4,600㎡
  • インフィールド部
    ロングパイル人工芝舗装8,950㎡
  • トラック外周部
    張芝6,646㎡
    防球ネットL=210m
  • 体育施設備品
  • 競技場受変電設備
  • 競技場ナイター設備
  • トイレ棟


 工事概要についてはこちら