HOME  >  地域がん診療連携拠点病院  |  がんセンター紹介  -  センター長挨拶

がんセンター紹介

がんセンター長挨拶

センター長 園尾 博司

がんは、わが国において昭和56年から死因の第1位であり、現在、年間60万人ががんに罹り、うち30万人以上の人が亡くなっています。また、生涯のうちにがんに罹る可能性は男性の2人に1人、女性の3人に1人と推定されています。

こうした中、平成19年4月1日に、がん対策のより一層の推進を図るため、がん対策基本法が施行されました。このがん対策基本法は、がんが国民の生命および健康にとって重大な問題となっているとの現状認識の下、がん対策を総合的かつ計画的に推進することを目的として設立されたものであり、「がん患者の意向を尊重したがん医療の提供体制の整備」について規定され、がん対策の基本理念として、がん患者の立場に立ったがん対策の必要性が謳われています。

当院では、がん医療の関係診療科の横のつながりの強化とトータルとしてのがん医療の質の向上、医療従事者の専門的知識・技術の研鑽と教育・研修、がん登録の徹底と充実、患者さんの支援体制の強化を目的として、平成19年8月に「がんセンター」を設置しました。具体的な業務としては、医療従事者への教育・研修のためのCase ConferenceやCancer Seminarの企画立案、地域の皆様への情報提供のための市民公開講座の企画立案、がんに関する様々な情報を発信することなどがあります。

また、平成20年2月8日には「地域がん診療連携拠点病院」に指定されましたので、その責務を果たすべく、より質の高いがん医療を提供するとともに、地域におけるがん医療水準の一層の向上に尽くす所存です。