HOME  >  地域がん診療連携拠点病院  |  一般・患者向け  |  がん治療  -  肺がん

一般・患者向け

がん治療

“がん”の治療内容などについて、分かりやすくQ&Aで解説します。

肺がん

Q1. 肺がんにもさまざまな種類があるのでしょうか?

肺がんのがん細胞には10種類以上がありますが、なかでも多いのは腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん、小細胞がんの4種類です。最も多いのは腺がんで、次いで扁平上皮がん、小細胞がん、大細胞がんの順です。扁平上皮がん、小細胞がんは喫煙が原因と考えられていますが、腺がんは非喫煙者にも発生します。

また、がんのできる場所によっても、肺野型(末梢型)と肺門型(中枢型)に大きく分けられます。肺野型とは肺の端のほうにできるがんで腺がん、大細胞がんが多く、肺門型は比較的太い気管支にできるがんで扁平上皮がん、小細胞がんが多く見られます。

Q2. 肺がんには、どんな治療法がありますか?

肺がんの治療法には大きく分けて、


  1. 手術療法
  2. 放射線療
  3. 化学療法(抗がん薬治療)

があります。肺がんの種類や病期(進行度)によって、どの治療が良いか、あるいはどの治療法を組み合わせるかを決めます。

Q3. 病期(進行度)はどうやって決めるのですか?

がんの大きさや周囲臓器への広がり、またリンパ節転移やほかの内臓への転移があるかどうかで病期が決まります。

IA期

がんの大きさが3cm以下でリンパ節や他の内臓に転移のない状態。

IB期

がんが3cmを超えているがリンパ節や他の内臓に転移のない状態。

II期

がんの大きさに関係なく肺門(肺の付け根)のリンパ節に転移のある状態。

IIIA期

がんの大きさに関係なく縦隔(気管の周り)のリンパ節に転移のある状態。

IIIB期

がんが胸椎、大血管、食道などに連続して広がっている状態、もしくは鎖骨の上や反対側のリンパ節にまで転移がある状態。

IV期

脳、骨、肝臓その他の内臓に転移のある状態。

病期を診断するために、胸部造影CT、PET-CT、脳MRI、骨シンチグラフィーなどの検査を行います。

Q4. 腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんの治療はどうやって行いますか?

これらのがんに対して行われる一般的な治療法は以下のとおりです。

IA期

手術をお勧めします。

IB期とII期

手術を行いますが、完全に取り除いたあとも抗がん薬治療をするようお勧めします。

IIIA期

病状や全身状態を考慮して治療法を選択します。手術ができる状態であっても、手術の前か後には抗がん薬治療が必要です。手術不能な場合には抗がん薬治療と放射線治療を組み合わせて行います。

IIIB期とIV期

抗がん薬治療が主体となります。一部のIIIB期では放射線療法を組み合わせることがあります。抗がん薬治療が難しそうな場合は放射線治療のみ行うこともあります。

Q5. 小細胞肺がんはどうやって治療しますか?

小細胞肺がんは胸の中にとどまっている状態の限局型と胸の外にまで転移が広がっている進展型で治療方法が異なります。限局型は抗がん薬と放射線を組み合わせて治療を行います。進展型では抗がん薬で治療を行います。

Q6. 肺がんの手術はどのようなことをするのですか?

肺は、右は上・中・外の3つの肺葉から、左は上・下の2つの肺葉からできています。肺がんの手術ではこれら5つの肺葉のうち、がんのできている肺葉をまるごと1個切除します。全身麻酔をかけて側胸部(わきの下のあたり)を15〜20cm切って手術を行う方法が一般的ですが、早期肺がんの場合、胸腔鏡というカメラを胸の中に入れて小さな傷で行う胸腔鏡手術を実施することも可能です。ご高齢の方や肺活量が少ない方では、肺葉を切除するのではなく、がんの部分だけを切除する場合もあります。

Q7. 手術をした後も日常の生活はできますか?

手術を受ける人のもともとの肺機能によって違いますが、一般にひとつの肺葉を切除すると肺活量は約20%減少します。もともと正常な肺活量を持っている人であれば、手術後も日常生活に大きく支障きたすことはまずありません。

Q8. 抗がん薬治療とはどんな治療ですか?

抗がん薬(抗悪性腫瘍薬)などの薬剤を用いた治療法です。抗がん薬の多くは注射(点滴)薬ですが、最近では内服薬(飲み薬)でも有効な薬が開発されています。 注射もしくは内服した薬剤が血液の中に入り、血流に乗って全身をめぐり、全身に広がった(広がっていると考えられる)がん細胞の増殖を抑えることにより効果を発揮します。抗がん薬には10数種類ありますが、どの薬を使うかは、肺がんの種類(非小細胞がん・小細胞がん)、進行度、患者さんの年齢や全身状態を考慮して決めます。注射で行う抗がん薬治療は、3〜4週間を1コースとして、これを4〜6コース行うのが一般的です。

Q9. 抗がん薬治療は苦しいと聞きましたが?

抗がん薬はがん細胞だけではなく正常細胞にも作用するため、副作用が生じます。副作用の種類は、用いる抗がん薬の種類によって異なり、またその程度も個人差があります。一般的によく見られる副作用には、悪心嘔吐、下痢、腎機能障害、白血球減少などがあります。 副作用が予想される場合には、副作用を予防する薬などを併用しながら治療を行います。また症状が出た場合には、症状を抑える治療をしながら回復を待ちます。重篤な副作用が出た場合は、抗がん薬の量を減らしたり、ほかの抗がん薬に変更したりする場合もあります。副作用は多種多様で個人差も大きいですので、あらかじめ担当医師、看護師から十分な説明を聞いてください。

Q10. 抗がん薬治療は入院が必要ですか?

注射・点滴でする抗がん薬治療はこれまで大半が入院で行われてきました。しかし、最近になって比較的副作用の少ない抗がん薬の開発や、副作用に対する治療法が進歩したことで、外来通院で抗がん薬治療を安全かつ効果的に行うことができるようになってきました。外来通院(通院治療センター)で治療ができるかどうかは、使う抗がん薬の種類やスケジュールによって違ってきますので、ご希望の患者さんは担当医師、看護師にご相談ください。

Q11. 放射線治療とはどんな治療ですか?

がんの部分に放射線をあてて行う治療法です。可能な限りがん組織に放射線を集中させることによって全身への影響を少なくしながら、がんの局部を縮小ないしは死滅させます。一般的には1日1回治療をして(1回につきおよそ10〜15分くらいで終わります)週に5日、合計約30回治療を続けます。しかし、放射線をあてる部位や方法によってその回数は異なります。

Q12. 放射線治療に伴う合併症にはどんなものがありますか?

胸部に放射線をあてると、白血球減少、貧血、食事のときにしみたり痛かったりする食道炎、放射線肺臓炎などの合併症を起こすことがあります。放射線肺臓炎とは、放射線のあたった肺に炎症をきたす合併症で、終了直後〜数カ月の間に起こり、多くは少し咳が出る程度で自然におさまりますが、時に発熱、呼吸困難などをきたす場合があります。

Q13. 分子標的治療とはどのような治療ですか?

がんに特有な「がん遺伝子」や異常なたんぱく質を標的とした薬を投与して、それらの働きを抑えることによってがんの治療をする方法です。従来の抗がん薬と比較して、正常細胞への副作用が少ないことが期待されています。現在、さまざまな分子標的薬剤が開発されつつあり、どのような人に最も効果があるかも少しずつわかってきました。自分が分子標的治療に適しているかどうかを知るためには、がん治療を専門とした病院を受診し、専門医にご相談ください。