HOME  >  地域がん診療連携拠点病院  |  一般・患者向け  |  がん治療  -  大腸がん

一般・患者向け

がん治療

“がん”の治療内容などについて、分かりやすくQ&Aで解説します。

大腸がん

Q1. 直腸がんだと人工肛門になりますか?

人工肛門(ストマ)を極限まで造らないISRといった手術法があり、当科では可能です。がんの位置と深さによって適応を決めており、根治性を失わずにISRを行うことが可能です。ストマ造設術とISRの両手術の長所・短所を説明いたしますので、ご自分の生活スタイルでどちらを希望するか選んでいただくことが可能です。

Q2. 大腸内視鏡で早期がんと診断されたのですが、どうしても手術は必要ですか?

手術は誰しも受けたくないものです。早期がんはその深さにより粘膜内がん(Mがん)と粘膜下浸潤がん(SMがん)に分かれます。Mがんについてはリンパ節転移が無いために内視鏡的切除で十分です。SMがんは条件(深さ、組織型、リンパ管侵襲)が良ければ内視鏡治療で十分ですが、条件が良くないときはリンパ節転移の可能性が少ないながらありますので手術が必要になります。

Q3. 腹腔鏡手術はどんな手術ですか?

ソフトバンクの王監督が受け、有名になりました。開腹術と同じ根治性の手術を小さな傷で行います。開腹術だと25cm程度腹部を切りますが、腹腔鏡を用いると約4-5cmの傷で済みます。術後の痛みが少なく、退院、職場復帰が早いといわれています。現在、当院消化器外科では大腸がん手術のほぼ半数をこの腹腔鏡を用いた手術で行っています。大腸がんの根治性を落とさずに、しかも安全に行うには術者に技量が要求されます。当科では内視鏡外科学会が認定した技術認定医が中心となりチーム(チームLAC)で手術を行っています。

Q4. 手術の後遺症はありますか?

大腸は口側の結腸と肛門側の直腸に分かれます。結腸に関して術後の後遺症はまずありません。直腸に関して肛門に近い直腸に関しては2種類ある可能性があります。1つは排便回数が術前より多くなることです。リザーバー(J型嚢)を用いると若干改善します。2つめは、リンパ節郭清を目的に直腸周辺の神経まで切除すると排尿機能・性機能に影響します。神経を温存すると両機能とも保たれます。当科では化学・放射線療法を術前または術後にも行い、がんの根治性を保ちながら排尿機能・性機能温存につとめています。