HOME  >  地域がん診療連携拠点病院  |  一般・患者向け  |  がん治療  -  前立腺がん

一般・患者向け

がん治療

“がん”の治療内容などについて、分かりやすくQ&Aで解説します。

前立腺がん

Q1. 前立腺がんの自覚症状にはどのようなものがあるのですか?

初期の前立腺がんでは特有な症状はありませんが、前立腺がんが進行すると尿道を圧迫するようになり排尿困難・頻尿・残尿感などの排尿症状をきたします。その排尿症状は良性の病気である前立腺肥大症と同じですので、症状のみから前立腺がんと診断することは困難です。

さらに、がんが進行すると血尿が出現したり、尿が出なくなったり(尿閉)することがあり、あるいは、腎不全(尿毒症)の状態で発見される方もいます。また、前立腺がんは骨盤や脊椎の骨に転移しやすいため、腰痛や骨折、脊髄神経の圧迫による手足のしびれや麻痺などの症状を起こすこともあります。

Q2. 前立腺がんの危険因子について、または予防法について教えてください。

前立腺がんの決定的な危険因子はいまだよく分かっていませんが、現在最も確実な危険因子として家族歴が挙げられています。もし父親や兄弟に前立腺がんの方が1人いれば、前立腺がんの発症の危険性が一般と比較して2倍、2人以上なら5〜11倍とされていますので、親族に前立腺がんの方がおられれば、積極的に検診を受けることをお勧めします。

また、前立腺がんは欧米に多く、私たちの住む東アジアは少ない地域とされていましたが、近年著しく増加しています。増加の原因として高齢者の増加と食事や生活様式の欧米化が挙げられます。とくに食事は最も重要な環境因子と考えられています。一般に動物性脂肪が多く野菜摂取量が少ない欧米型の食事により前立腺がんの発症のリスクはより高くなるとされています。食品に関しては豆類、穀物、野菜の摂取はがんの予防にプラスにはたらき、乳製品、砂糖、油脂はマイナスにはたらくとされています。

Q3. 血液中のPSAの数値のみで前立腺がんの診断は可能でしょうか?

PSA(前立腺特異抗原)測定が早期がん発見に有用です。PSAは前立腺がんだけでなく正常の前立腺上皮からも作られている蛋白質(酵素)でほとんどが精液中に分泌されます。つまり血液の中にはほとんど出てこない物質です。検査の単位はng/ml(ナノグラム/ミリリットル)で、PSA値1ng/mlとは血清1ccあたり10億分の1グラムという非常に微量のPSAが存在するということです。ところが前立腺がんになると血液中に「漏れて」くるPSAの量が増えてきます。

前立腺がんの診断の確定には前立腺の組織を針で突いて採取する生検が必要です。一般にはPSAが4.0ng/ml以下では前立腺がんの見つかる可能性はほとんどありませんが、4〜10ng/mlの値なら約25〜30%、10ng/ml以上なら約50〜80%とされています。つまり、PSAの値が高いほど前立腺がんの可能性が高いということです。

ここで注意しなければいけないのは前立腺肥大症、前立腺炎、ぼうこう鏡やカテーテル(管)などの尿道操作などでも血液中に「漏れて」くるPSAが増えてくるので高い値を示すということです。よってPSAの測定だけでは前立腺がんの診断はできませんが、血液検査だけで前立腺がんの危険性が高いかどうかの絞り込みが可能で、現在、検診で広く用いられ、早期発見に役立っています。

Q4. 前立腺がんの治療には、どんな治療がありますか?

現在、前立腺がんに対して一般に行われている治療法は、


  1. 手術療法
  2. 放射線療法
  3. 内分泌療法(ホルモン療法)
  4. 待機療法

などがあります。

前立腺がんは比較的ゆっくりとした発育をするものが多く、また有効な治療法が多くあります。転移がなく前立腺内に限局している早期がん(病期A、B)では5〜10年位の期間では各々の治療成績(生存率)にほとんど差がありません。よって、がんの病期、細胞の悪性度(グリソンスコア)、診断時のPSA値、年齢、合併症の有無のみでなく、患者さんのライフスタイル、人生観なども考慮に入れて治療方針をたてる必要があります。

Q5. 手術療法について教えてください。

手術療法は病期Bまでの平均余命が10年以上期待できる75歳までの比較的若く、全身状態が良好な方への有効な治療法です。前立腺と精のうを一塊に摘出し、ぼうこうと尿道をつなぎ直す手術です。がんを完全にとり除くことが可能ですので、治療効果は大きく、摘出した組織を病理検査で詳細に調べることができ、真の前立腺がんの状態が把握できるなど長所がありますが、全身麻酔が必要で最も侵襲が大きく、出血量も多い治療法です。 また術後の尿失禁(一時的で数カ月でほとんど消失します)、勃起不全など合併症もありますが、輸血は自己血を貯血することで回避可能なことが多く、神経温存が可能なら男性機能も約50%の方で温存できます。

しかし、前立腺に限局している病期Bのがんにおいても診断時PSA値が高い、あるいはグリソンスコアが高い症例は手術後の再発(一旦測定限界以下まで下がったPSA値が再上昇する)率が高く、現在では診断時のPSA値が10ng/ml未満かつグリソンスコアが7以下の病期Bの方が最もよい手術療法の適応とされています。

Q6-1. 放射線療法について教えてください。

放射線療法は大きく分けて外照射法と組織内照射法に分けられます。

外照射法

外照射法は、体の外から前立腺に放射線を照射して、がん細胞を死滅させる治療法です。適応は、早期の限局がんが主体となります。また、局所浸潤(T3以上)がある場合は、内分泌療法と併用します。外照射法は、前立腺だけでなく周囲の臓器にも放射線が当たります。従って、周囲への影響を最小限に抑え、放射線のエネルギーが前立腺だけに集まるように照射の方法を検討します。

最近では、医療機器や技術の進歩に伴い、四門照射や原体照射、強度変調放射線治療などの照射方法が開発され、より限局して放射線を照射することが可能になっています。

組織内照射法

組織内照射法とは、体の中から放射線を当てて、がん細胞を死滅させる治療法です。体内に放射線を発する小さな線源を埋め込むことから、小線源療法とも呼ばれています。小線源療法には、放射線を発する小線源(イリジウム)を一時的に前立腺内に挿入して治療する高線量率組織内照射と、小線源(ヨード)を永久に埋め込む低線量率組織内照射の2つの方法があります。 手法はどちらもほぼ同じで、会陰部に細い針(アプリケーター)を刺し、超音波画像で位置を確認しながら、その針を通して線源を前立腺に挿入します。当院ではイリジウムを用いた高線量率組織内照射に平成9年から取り組んでおり、これまでに960例(国内最多症例数 平成24年2月現在)以上に対し治療を行っております。

Q6-2. 高線量率組織内照射が適応となる条件について教えてください。

この治療は遠隔転移が無く、ぼうこうや直腸にまで広がっていない前立腺がんであれば適応となります。すなわち、治療時のPSA値、グリソンスコアに関係なく、ほとんどの病期で治療の適応となります。

ただし、重度の前立腺肥大が合併していると前立腺の一部が骨盤骨に隠れてしまい、その部位にアプリケ−タ−を刺入できない場合があります。そのような場合には、まず3カ月くらいホルモン治療を行って前立腺の体積を小さくしてから行います。また、何らかの事情(腹部の手術既往、重度の心疾患、脳血管障害、高齢など)で手術ができない場合でもこの治療は可能です。

Q6-3. 高線量率組織内照射は具体的にはどのような治療ですか?

腰椎麻酔(下半身麻酔)で行います。直腸に挿入した超音波装置を用いて、アプリケーターを安全かつ正確に前立腺内に刺入します。肛門と陰嚢の間の会陰部というところから刺入します。アプリケーターの本数は、9〜14本(平均12本)で20〜30分で刺入できます。そしてアプリケーターが抜けないように固定します。その後、コンピューターで治療計画を立てます。

そして、いよいよ照射を開始します。イリジウム線源が治療計画に従ってアプリケーター内を移動し、その人の前立腺の形に合うように照射されます(約10〜15分)。この約10〜15分の治療を1回として6時間後に2回目の照射を行います。その間はアプリケーターを入れた状態でベッド上安静が必要です。2回の照射が終わればアプリケーターを抜去します。翌朝、尿道カテーテルを抜去し問題なく排尿が出来ることを確認できたら退院となります。

通常はこの組織内照射に外照射を十数回併用します。

Q6-4. イリジウムとヨードの違いについて教えてください。

がん細胞を殺すのに必要な線量が100とすると、ヨード(低線量率線源)は、約1年かけてゆっくりと100を照射し、イリジウム(高線量率線源)は、数十分の短時間で100を照射するものです。照射される合計線量が低い、高いではありません。ヨ−ドを用いた永久刺入治療とイリジウムを用いた一時刺入治療は、競合する治療法ではありません。 すなわち、永久刺入は低リスク前立腺がんに対しての単独治療(外照射は併用しない)として開発された方法で、一時刺入は中〜高リスク前立腺がんに対して外照射を併用した治療法として開発されました。

当院では低リスク前立腺がんに対しても同様の一時刺入療法を行っています。

Q6-5. 高線量率組織内照射の副作用とその対策はどうですか?

放射線を照射する治療でも特有の副作用が起こります。


  1. 排尿関係:

    直後は排尿困難、頻尿、排尿時痛などがありますが、時間の経過とともに無治療でも改善してきます。症状が重い場合は前立腺肥大症に準じた治療薬や消炎鎮痛薬を用いて症状を緩和します。血尿も多くの場合2、3日で消失し長引くことはありません。治療後数カ月から数年の間に尿道が狭くなって(尿道狭窄)尿が出にくくなることがあります。約1割の患者さんに見られます。主に外来での処置で容易に改善することができます。

  2. 排便関係:

    放射線治療に伴う下痢、肛門痛、痔の症状の悪化などがありますが、これらも時間とともに改善します。症状が重い場合は軟膏や坐剤で治療します。

  3. 性機能関係:

    勃起に関係する神経や血管にも放射線があたるので、勃起機能も若干低下します。比較的年齢が若い(65歳以下)方ほどその障害は少ないようです。照射後はやめにバイアグラなどの勃起障害改善薬を内服することで勃起機能を維持できます。

Q7. 前立腺がんの内分泌療法(ホルモン療法)について教えてください。

前立腺は男性ホルモンが存在すると増殖します。前立腺がんの細胞も同じ性質を持っているため、体内から男性ホルモンを取り除く、もしくは前立腺がんに届かなくすれば、前立腺がん細胞は増殖をやめ、さらには細胞の死におちいります。 男性ホルモンの90%を占めるテストステロンは精巣で産生されます。以前は手術で精巣を摘出すること(去勢術)が多く行われていましたが、現在は精巣を摘出する代わりに精巣からのテストステロンの産生を止めるLH-RHアゴニストという注射(通常1カ月に1回、もしくは3カ月に1回の皮下注射)を用いる治療(薬物的去勢)が主流です。またその治療に加えて、前立腺がん細胞にある男性ホルモン受容体をブロックすることにより、男性ホルモンによるがん細胞増殖指令を止める、抗アンドロゲン薬という内服薬を併用することもあります。

抗がん薬とは異なり、脱毛、吐き気、腎障害、血液毒性はなく、高齢者にも比較的使いやすい治療ですが、性欲の低下、女性の更年期障害にみられる症状と同様のほてり、のぼせ、発汗や筋力低下、骨粗鬆症、肥満などの副作用があります。

内分泌療法は全身に作用しますので、転移している部にも効果があり、あらゆる病期のがんに有効で、90%以上の方のPSA値が正常値以下になります。しかし、とくに進行がんにおいては使い続けるうちに効果がなくなる(再燃といいます)ことがあります。

Q8. 待機療法について教えてください。

待機療法は、症状が現れるまではとくに治療をしないというやり方です。一般に、前立腺がんはゆっくりと増殖するので、がんが転移したり、症状が現れたりする可能性が低い高齢の無症状の早期がんの方に適しています。決して治療をしないことではなく、経過を観察し、必要なときには適切な治療を行うことです。どの治療にも存在する副作用を避けることができ、無症状の間は本来の生活を続けることができる反面、がん患者さんの不安感への対応が必要で患者さんと医師の密接な関係が重要です。

待機療法の適応の目安は診断時PSA値が20ng/ml以下かつグリソンスコア6以下の病期A、Bのがんとされています。