HOME  >  診療科・部門一覧  |  総合診療科・臨床腫瘍科  |  総合診療科  −  診療概要

診療概要

更新 : 平成29年4月1日

柏原 直樹

部長(教授)

柏原 直樹

Naoki Kashihara

専門分野

腎臓病、高血圧、血液浄化療法

認定医・専門医・指導医

日本内科学会認定内科医・指導医、日本腎臓学会専門医、日本リウマチ学会専門医、日本高血圧学会専門医、日本動脈硬化学会認定特例指導医

出身大学

岡山大学 S57.3 卒業

フロア案内

≪外来≫外来診療部門 2階

フロア紹介はこちら

あらゆる患者さんの医療・保健にかかわる窓口です。どの診療科を受診してよいか、分からないという患者さんは、迷わず総合診療科を受診してください。一般内科診療の経験が豊富な幅広い知識を持った医師が適切な診断を行い、必要に応じてそれぞれの専門の診療科の先生方に紹介します。

科のモットー

身体疾患のみならず、行動科学や予防医学の幅広い知識と技能も重視して、全人的医療を行っています。

  1. 患者さんへの丁寧な対応(診療)
  2. 各診療科との密接な協力
  3. 地域医療機関との親密な連携

関係する症状

  1. どの科にかかってよいか分からない人
  2. 種々の問題を持つため一つの科では対応できない人
  3. 原因不明の腹部症状
  4. 西洋医学で対応が困難な症状

上記以外に、総合病院特有の「振り分け外来」としての機能も果たします。

治療している主な病気

プライマリケア

日常病(Common diseases)

急性の感染性疾患

急性腹症、便通異常などの鑑別診断

原因不明の腹部症状(機能性胃腸障害など)

特徴・特色

当科では一般内科医としての経験豊富な医師、幅広い知識を持った医師たちが、プライマリケアと全人的医療を実践します。紹介状を持たない患者さん、どの科に行ってよいか分からない患者さん、原因が分からないまま症状が持続する患者さん、全人的・総合的に診て欲しい患者さん、当院に該当する専門科がない患者さんなどの初期診療を行い、必要に応じて専門科へ紹介いたします。

とくに当科では他院で内視鏡などの検査を受けたにもかかわらず原因がわからず、異常なしと言われた腹部症状の患者さん(機能性胃腸障害など)に対して、心療内科的なアプローチを試みたり、超音波を用いた消化管運動機能検査を行わない“機能”の面からアプローチを試みるなど、多方面から原因を検索し、より適切な治療を目指します。

また、漢方による治療も積極的に取り入れておりますので、ご希望の方はぜひご相談ください。


海外渡航者の予防接種についてご紹介します。