HOME  >  診療科・部門一覧  |  循環器・呼吸器センター  |  循環器内科  −  診療概要

診療概要

更新 : 平成29年3月8日

上村 史朗

部長

上村 史朗

Shiro Uemura

専門分野

循環器疾患、虚血性心疾患、カテーテルインターベンション

認定医・専門医・指導医

日本内科学会認定内科医・指導医、日本循環器学会専門医、日本心血管インターべンション治療学会認定医・専門医、日本心臓病学会 FJCC、日本透析医学会専門医、日本高血圧学会指導医

出身大学

奈良県立医科大学 S61.3 卒業

オリジナルホームページへ

フロア案内

≪外来≫循環器・呼吸器センター外来 3階(32)

≪病棟≫循環器・呼吸器センター病棟 9階

フロア紹介はこちら

急性心筋梗塞・狭心症・心不全など緊急を要する疾患に対する急性期治療を積極的に行っており、重症患者は最新の設備が整った集中治療室での管理を行っています。必要に応じて心電図・心エコー図・冠動脈CT・心臓核医学・心臓カテーテルなどの検査を行い、診断をすすめます。ハートチーム・カンファレンスにより循環器内科医と心臓外科医が協力して治療方針を決定しています。

科のモットー

  • 24時間体制での迅速な対応
  • 的確な診断と、立証に基づいた正しい治療(Evidence Based Medicine)
  • 外科との密接なチーム体制

受診の際のお願い

症状がでたら我慢せずになるべく早く受診してください。循環器の病気は治療までのスピードが大切です。

関係する症状

  • 胸の圧迫感・しめつけ感
  • 胸の痛み
  • 動悸
  • 息切れ
  • 顔や手足のむくみ

治療・診断している主な病気

冠動脈疾患(急性心筋梗塞、狭心症など)

弁膜疾患(僧帽弁疾患、大動脈弁疾患など)

心不全

心筋疾患(拡張型心筋症、肥大型心筋症など)

不整脈(心房細動、発作性上室性頻拍など)

先天性心疾患(心房中隔欠損、心室中隔欠損など)

高血圧(本態性、二次性)

大動脈解離、大動脈瘤

肺高血圧、肺塞栓症

末梢血管疾患(腎動脈狭窄、閉塞栓動脈硬化症)

特徴・特色

当科では、虚血性心疾患(胸の違和感、狭心症)の診断と治療を得意としています。特に、外来通院が可能で比較的安定した患者さんに対しては、侵襲的な治療の必要性を事前に診断するために外来での心エコー、CTやアイソトープを使った痛みのない診断を正確に行います。一方、緊急性を必要とする急性心筋梗塞や急性心不全に対しては24時間体制で対応しており、カテーテル室で直接に行えるガイドワイヤー型冠動脈圧測定(FFR)、光や超音波を用いた最先端の画像診断法を用いることによって、緊急時においても正確で確実な治療が行えます。さらに最近患者さんが増えている心臓弁膜症、心不全に対しては最新の3次元心エコーを駆使して診断し、外科医とともに個々の患者さんに最も適した治療法を選択しています。不整脈に関しては、ペースメーカ、植え込み型除細動器(ICD)、心臓再同期療法(CRT)などの最先端治療も経験が豊富で、さらに、心臓以外の全身血管の診断と治療もおこなっています。

特殊検査

  • 三次元経食道心エコー図検査
  • 運動負荷心エコー図検査
  • 心臓カテーテル検査
  • 冠内圧計測検査・血管内超音波検査・血管内光干渉断層法検査
  • 冠動脈造影CT検査
  • 心臓MRI検査

主な医療機器・設備の紹介

  • CCU:8床、IABP:3台、PCPS:2台
  • 心臓カテーテル検査・血管造影室:2室(手術室内)
  • 心エコー装置:5台(心電図室内)、1台(CCU内)、ポータブル心エコー:1台
  • トレッドミル運動負荷装置:1台(心電図室内)
  • 心臓核医学検査負荷・撮像装置:1台(画像診断センター内)
  • 64列マルチスライスCT
  • tilt table:1台

実績:平成27年度

患者数
  • 入院患者数:1,021件
  • 外来患者数:13,545人
検査など(年間)
  • 心エコー(経胸壁心エコー全般)検査:4,588件
  • 経食道心エコー検査:148件
  • 心臓核医学検査:500件
  • 心臓カテーテル検査(診断のみ):661件
  • 冠動脈形成術(PCI):291件
  • 経皮的末梢血管インターベンション(PPI):11件
  • カテーテルアブレーション:28件
  • ペースメーカー植え込み(本体交換を含む):44件
  • 植え込み型除細動器:8件
  • 心臓再同期療法:5件

専門外来


弁膜症外来:月・水曜日・午前

心臓弁膜症の診断や治療方針の決定を行います。


不整脈外来:木曜日・午前

不整脈はそのまま放置しておいても良い場合から治療を必要とするものまで様々です。

薬物治療や当院で行っているカテーテルアブレーションなどなるべく分かりやすく説明いたします。


デバイス(ペースメーカー、ICD、CRT)外来:木曜日・午後

ペースメーカーなどの機械を入れる手術を受けた方の定期検査を行っています。