HOME  >  診療科・部門一覧  |  中央協力部門  |  薬剤部  −  業務概要

業務概要

更新 : 平成29年4月1日

薬剤部長

二宮 洋子

Youko Ninomiya

資格

がん薬物療法認定薬剤師、
HIV感染症薬物療法認定薬剤師

オリジナルホームページへ

フロア案内

本館棟 2階

調剤・製剤・服薬指導・医薬品情報活動など、患者さんに安全な医療を提供できるよう薬物療法に寄与しています。また、各大学の薬学部・薬科大学の卒前実習を受入れています。

特徴・特色

薬剤部組織図


外来調剤室

外来受診された患者さんの調剤を担当しています。お薬は処方監査・調剤を行った後、「おくすりお渡し口」にて、患者さんに交付されます。患者さんが服用されるお薬についての、作用・副作用を含めた情報も提供しています。その他、薬に対する相談は「お薬相談コーナー」で対応しています。

入院調剤室

入院患者の調剤を担当しています。また、入院患者の服薬歴を把握し、適正化をはかるとともに患者さんに服薬指導を行う「薬剤管理指導業務」を行っています。

入院中の服薬指導を通じて患者さんに薬物治療の理解を深めていただくための情報を提供しています。また、糖尿病教室や腎臓病教室で、集団的服薬指導も行っています。

調剤室


通院治療センター注射薬調剤室

病棟調剤室

外来の患者さん対象のがん化学療法目的で開設された「通院治療センター」で使用される抗がん薬の調製を担当しています。抗がん薬の調製は、治療計画通りに処方されているかを確認し、安全キャビネット内で無菌的にかつ調製者の安全を確保しながら実施しています。


注射薬調剤室

病棟調剤室

注射薬に関する業務を担当しています。また医薬品を購入し患者さんに安全に投与されるまで薬学的知識を基に医薬品の補給と管理を行っています。とくに抗がん薬や特定生物由来製品については、患者さんの安全管理に注意を払っています。


医薬品情報室

医薬品情報室

医薬品情報に関する業務を担当しています。日々新しくなっている医薬品情報を集め、整理し主に医療従事者に提供しています。


製剤室

製剤室

一般製剤と特殊製剤の調製、供給およびTPN(高カロリー輸液)の調製を担当しています。

一般製剤には、内用液剤、外用液剤、倍散等があります。一方、特殊製剤は診療に有用であるにもかかわらず市販品がない場合に調製しており、注射剤、点眼剤、坐剤、軟膏剤などです。

業務件数 平成27年度(平成27年4月〜平成28年3月)

区分 合計
製剤 件数(件) 2,355
無菌製剤処理料 件数(件) 10,853
注射処方箋 件数(件) 566,970
処方箋(処方枚数) 外来(枚) 249,521
入院(枚) 135,921
薬剤管理指導科 患者数(人) 6,405
件数(件) 7,961
院外処方箋 枚数(枚) 1,347
薬事委員会 新規件数(件) 29
審査件数(件) 113

主な設備の紹介

全自動錠剤分包機

全自動錠剤分包機

1回に飲む薬(錠剤、カプセル剤)を服用タイミングごとに1包にまとめる機械です。薬の飲み方がよくわからない患者さんや入院中、詰所管理の患者さんにこのような「1包化」を行っています。


クリーンベンチ

クリーンベンチ

クリーンベンチとは、局所的に作業空間を無菌的にする装置のことで、この中で高カロリー輸液を調製しています。


散薬分包機

散薬分包機

散薬を自動で1回服用分ずつ分包する機械のことです。1包ごとに飲むタイミングと薬の名前、1回量が印字されており、患者さんだけでなく、入院中、薬を管理する看護師の助けにもなっています。


安全キャビネット

作業空間を無菌的にし、かつ有害エアロゾルの外部への流出を遮断することによって調製者の安全を確保する装置です。この中で抗がん薬の調製を行っています。