HOME  >  診療科・部門一覧  |  中央協力部門  |  リハビリテーションセンター  |  理学療法部門  −  業務概要

理学療法部門

更新 : 平成28年3月7日

業務概要

理学療法(PT)とは、病気・ケガ・寝たきりなどによって身体が不自由となった患者さんに対して、身体と心の両面から機能回復・維持をはかる医療の一つです。実際には、一人ひとりの状態を調べて全体像(身体機能・心理面・リスクなど)をつかみ、適切な治療方法と目標を設定したのちに、主にその基本的動作能力の回復を図るために、治療体操やその他の運動を用います。また、電気や温熱、マッサージなどの物理的刺激を加えていく場合もあります。

理学療法士はこれらのことを行う、リハビリテーションの一翼を担う専門職です。具体的な業務(治療)内容は以下の通りです。

  1. 運動療法:筋力・関節可動域・バランス能力・痛みの改善(回復)などを通じて、日常生活動作(起きる・座る・立つなど)・歩行などの運動能力を高めます。
  2. 物理療法:温熱療法・水治療法・光線療法・電気療法などにより、痛みや循環の改善を図り、運動をしやすくします。
  3. 基本的動作練習:起き上がる・座る・立つ・歩くなどの日常動作の基本となる動作を行います。その際、必要に応じて義肢・装具などの補装具を使用し行います。
  4. 車椅子・補装具の調整
  5. 介護指導
  6. 家屋改造・介護用品などの助言や指導など

特徴・特色

当院の理学療法部門では、以下のような対象疾患を扱っています。「障害を持つ人」を対象としていますので、広範囲におよんでいます。

  1. 脳血管障害、その他の脳疾患(頭部外傷、脳炎など)
  2. 脊髄損傷、その他の脊髄疾患(二分脊椎など)
  3. 脳性麻痺、その他の小児疾患(運動発達遅滞、知的障害児など)
  4. 神経および筋疾患(筋ジストロフィー、多発性硬化症、パーキンソン病など)
  5. 変形性関節症、関節リウマチ、その他の骨・関節疾患(外傷を含む)
  6. 呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)
  7. 循環器疾患(心筋梗塞など)
  8. 代謝疾患(糖尿病など)
  9. 開胸・開腹術後
  10. 悪性腫瘍の治療中・後、熱傷後など

実習生の受入れと教育

理学療法部門が教育施設として関わっているのは、以下の分野です。

長期実習学生の受け入れ

川崎医療福祉大学川崎リハビリテーション学院の計2校から、8週間×3期の臨床実習生を受け入れています。1期間の受け入れ学生数は3名から4名で、スーパーバイザー方式のマンツーマンによる指導を行います。学生に課す課題は、各学校指定のレポート課題に加え、初期評価時の症例報告会、経過報告会があり、理学療法士全員と学生全員で呈示されたレジュメを使って検討します。

当センターで臨床実習を指導する上で留意していることは、まず、評価、問題点抽出、ゴール設定、治療計画が一貫した考察のもとに整合性をもって組み立てられることと、急性期、回復期各々の病態に応じたゴール設定や社会的側面の配慮がなされていること、の2点です。

回復期病棟での治療や急性期のベッドサイド訓練、小児の外来理学療法、ブレイスクリニックなど、現場の特質に応じて見学の機会を多く持てるよう配慮しています。

他部門の実習生教育へのコ・メディカルとしての関わり

医学部、看護学部をはじめとして多くの分野の実習生が臨床実習を行う病院であることから、臨床場面を通じて多くの分野の学生指導に当たります。

専門学校非常勤講師

隣接する専門学校の非常勤講師に9名が委嘱されており、専門科目を担当しています。

他施設・一般の見学および研修の受け入れ

希望により適宜対応可能です。