HOME  >  診療科・部門一覧  |  診療支援部門  |  栄養サポートチーム  −  NST研修

NST研修

NST専門療法士臨地研修プログラム

平成29年度は開催がございません。次回開催時にはホームページ上でお知らせいたします。

このプログラムは、日本静脈経腸栄養学会認定教育施設として企画した「日本静脈経腸栄養学会認定資格 NST専門療法士」の受験資格取得に必要な40時間の「実地修練」ができるプログラムである。当院では、7日間の臨床実習により49時間の単位を履修するカリキュラムとした。

目的

臨床栄養法のために必要とされる患者との人間関係の確立を基盤とし、栄養学的専門知識を実際の臨床において発揮させるための技能を修得させることを目的とする。

研修内容

研修場所

NST 関連に必要な基礎的事項について、川崎医科大学附属病院消化器センターを中心に研修する。

担当者

臨床研修指導者:医師、管理栄養士、看護師、薬剤師、臨床検査技師等

研修事項
  1. 栄養ケアの実践
    1. 情報収集(データベースの作成)
    2. 栄養アセスメントとケアプラン作成[栄養治療計画]
      • 身体計測(基礎代謝測定含む)、臨床検査データの収集、臨床問診、摂取栄養量調査
      • 上記データベースに基づく栄養アセスメントとケアプランの作成
    3. モニタリングと再評価、症例のプレゼンテーション
    4. 栄養管理についての患者・家族への説明・指導
  2. 食道・胃腸内科、消化器外科等カンファレンス
    1. PEG、VF検査の見学
    2. 医師講義(NSTによる栄養ケアの意義、NSTの運営と活動の実際、在宅栄養・院外施設での栄養管理法の指導など)
    3. 食道・胃腸内科、消化器外科カンファレンスと回診
    4. 褥瘡回診
  3. 経腸栄養法
    1. 栄養薬剤・栄養剤・食品の種類、適正な選択と使用法
    2. 経腸栄養剤の衛生管理(取り扱い)
    3. 栄養部業務の見学
  4. 病棟実習(担当看護師による指導)
    1. 栄養スクリーニング(SGAの見学と実施)
    2. 栄養補給の実際:輸液(側管投与法等)、経腸栄養剤、食事摂取、衛生管理
    3. 栄養療法に関する合併症の予防と再発時の対応
    4. 看護師業務の見学
  5. 調剤
    1. 薬剤部業務の見学
    2. 輸液の種類と特徴、適正調剤法について
    3. 簡易懸濁法の理解
    4. 病棟薬剤師業務(服薬指導の見学等)
  6. 臨床検査データについて
    1. 中央検査部の見学
    2. 臨床検査データの見方

臨床実習スケジュール

1週目
午前 午後
月曜日
  • オリエンテーション
  • 栄養部の見学
  • 担当患者紹介と情報収集
  • 看護師ミーティング見学(担当患者病棟)
  • 担当患者栄養アセスメントとケアプランの作成
火曜日
  • NSTミーティングに向けての情報収集など
  • NSTミーティング(プレゼンテーションと報告書の作成)
  • NST回診
水曜日
  • 病棟実習
  • 看護師業務の見学
  • 病棟薬剤師の業務の見学
  • 担当患者の情報収集
  • 褥瘡回診
木曜日
  • 担当患者のまとめ
  • 胃瘻増設見学
  • 経腸栄養チューブ増設見学
  • 消化器外科回診
  • 病棟薬剤師業務の見学
  • 栄養管理の実際
金曜日
  • 薬剤部の見学
  • 中央検査部の見学
  • 医師講義
2週目
午前 午後
月曜日
  • 担当患者のモニタリングと再評価(身体計測)
  • 栄養相談の見学
  • 摂食・嚥下訓練見学(VF検査)
  • 担当患者栄養アセスメントとケアプランの作成
火曜日
  • 担当患者のまとめ(JSPEN症例報告の作成)
  • 症例まとめ
  • NSTミーティングでのプレゼンテーション
  • 研修のまとめ
  • 修了式
研修内容についてのお問合せ

研修内容についてのお問合せは、栄養部へお願いします

川崎医科大学附属病院 栄養部

TEL:086-462-1111(代) 内線22120