HOME  >  高次脳機能障害及びその関連障害に対する支援普及事業

高次脳機能障害及びその関連障害に対する支援普及事業

業務の概要

平成14年度から、厚生労働省 高次脳機能障害支援モデル事業(脳挫傷)の拠点病院となりました。平成18年度からは都道府県の行う事業となり、名称も「高次脳機能障害支援普及事業」となり、平成25年度からは「高次脳機能障害及びその関連障害に対する支援普及事業」となりました。岡山県健康推進課のご協力によって、この事業を進めています。

また、おかやま脳外傷友の会・モモにも、ご協力をいただいています。

目的

交通事故をはじめとする外傷や病気によって、脳に損傷を受けると様々な後遺症の残ることがあります。例えば、新しいことが覚えられない、すぐに忘れてしまう、意欲が無くなった、集中力が続かない、周囲とうまくコミュニケーションがとれない…など。これらは高次脳機能障害と言われる障害ですが、現在、標準的なリハビリテーションを行える医療機関が少なく、社会福祉の支援体制も不十分な状況です。

このため、平成13年度より、国立身体障害者リハビリテーションセンターと全国の拠点病院が連携し、標準的な評価基準、および支援プログラムの確立を図ることを目的に高次脳機能障害支援モデル事業が開始されました。

岡山県も平成14年度から事業に参加し、高次脳機能障害者に対する支援プログラムの確立とリハビリテーションが適切に行われるなど、地域での支援体制の確立を目指してきました。県内の実態調査、認知リハビリテーションプログラムづくり、社会支援の体制づくりを中心として事業が進められました。平成18年から支援と普及を確実なものとするために、新しい委員会とワーキンググループを設立しました。岡山県の高次脳機能障害者のすべてにサービスが提供される街づくりが、私たちの望みです。

相談支援体制連携調整委員会

地域における事業の円滑な運営のため、地域の実態の把握、関係機関の連絡確保、事業の実施状況の分析、効果的な支援手法、普及啓発方法等について、総合的な検討を行います。(平成15年度までは連絡調整委員会、平成17年度までは支援対策整備推進委員会)

平成27年度 第2回相談支援体制連携調整委員会
日時 平成28年3月23日(水)15:00〜17:00
場所 川崎医科大学附属病院 西館棟16階大会議室
議事内容
  1. 全国連絡協議会及び支援コーディネーター全国会議の報告
  2. 中国ブロック会議の報告

  3. 拠点機関からの報告

    (1)川崎医科大学附属病院

    (2)ひらた旭川荘

  4. 各ワーキンググループの報告

    (1)医療ワーキンググループ

    (2)福祉ワーキンググループ

    (3)精神科ワーキンググループ

    (4)地域連携ワーキンググループ

    (5)小児ワーキンググループ

    (6)自動車運転ワーキンググループ

  5. 関係機関からの報告
  6. 家族会からの報告
  7. 平成28年度の支援事業に関して(事業計画)
  8. その他
平成27年度 第1回相談支援体制連携調整委員会
日時 平成27年7月22日(水)15:00〜17:00
場所 川崎医科大学附属病院 西館棟16階大会議室
議事内容
  1. 全国連絡協議会及び支援コーディネーター全国会議の報告
  2. 平成27年度の支援事業に関して(事業計画)
  3. 拠点機関からの報告

    (1)川崎医科大学附属病院

    (2)ひらた旭川荘

  4. 各ワーキンググループの報告

    (1)福祉ワーキンググループ

    (2)医療ワーキンググループ

    (3)精神科ワーキンググループ

    (4)地域連携ワーキンググループ

    (5)小児ワーキンググループ

    (6)自動車運転ワーキンググループ

  5. 関係機関からの報告
  6. 家族会からの報告
  7. その他

講習会・研修会

【関連講習会】岡山リハビリテーション講習会
日時 平成28年12月18日(日)10:00〜14:30(受付開始9:20〜)
場所 川崎医科大学附属病院 8階大講堂
内容

「高次脳機能障害者支援のこれから〜現状と課題〜」

  1. 「日本における高次脳機能障害者支援のこれから」

    国立障害者リハビリテーションセンター 学院長 中島 八十一 先生

  2. 「海外における高次脳機能障害者支援」

    神戸大学大学院保健学研究科   教授 種村 留美 先生

  3. 「高次脳機能障害者を支援する会」

    特定非営利活動法人「草木舎」/グループホームそうもく 活動報告

お問合せ先

〒701-0192 岡山県倉敷市松島577
川崎医科大学附属病院
リハビリテーションセンター 八木
TEL:086-462-1111(代表)内線:22820

kojino@med.kawasaki-m.ac.jp

電話相談窓口

高次脳機能障害に係る電話相談窓口を設置しています。

相談内容
  • 診断、治療、リハビリテーションに関すること
  • 就業、就学、福祉、在宅に関する相談支援
  • 家族支援
対応時間
月曜日〜金曜日 9:00〜16:00
連絡先

リハビリテーションセンター:TEL 086-462-1111(代表) 内線:22820

報告書

交通安全

高次脳機能障害パンフレット

訓練教材

高次脳機能障害の方の訓練教材を作成しました。

GET ADOBE READER

これらの教材を開くにはAcrobat Readerが必要です。お持ちでない方はダウンロードを行ってからご使用ください。

また、作成は高次脳機能障害モデル事業認知リハワーキンググループ委員が行いました。使用におけるトラブルには責任をおいかねますのでご了承下さい。