HOME  >  受診・入院について | 検査について - 内視鏡検査・治療

内視鏡検査・治療

内視鏡検査・治療

内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査

食道・胃・十二指腸のポリープやがんなどの診断、貧血・腹痛などの原因を調べるために行います。その際必要があれば組織を採取し、病理診断やヘリコバクター・ピロリのチェックも行います。極細径スコープのよる苦痛の少ない検査も可能です。


大腸内視鏡検査

肛門から内視鏡を挿入し、大腸の粘膜を直接観察しポリープやがん、炎症を診断する検査です。拡大内視鏡により表面の微細な性状を観察し、腫瘍の質的診断や深達度診断も行っています。硬度可変式大腸内視鏡を導入し、必要があれば鎮静剤を使用することにより苦痛の少ない検査が可能です。


小腸内視鏡検査

原因不明の消化管出血、小腸腫瘍、炎症性疾患の診断、治療のために行います。小腸は検査が難しい部位でレントゲン検査が主に行われてきましたが、当センターではダブルバルーン式小腸内視鏡を使用することにより、小腸全域の内視鏡的観察を行っています。


超音波内視鏡検査

内視鏡の先端に超音波振動子を装着した超音波内視鏡により、消化管内部から超音波検査を行います。消化管に発生した腫瘍の性状・深達度を正確に診断し、組織の一部を穿刺することによる病理診断も行います。


逆行性膵胆管造影法(ERCP)、膵管鏡、胆道鏡

胆嚢、胆管、膵臓の病気を診断するために行います。レントゲン検査との組み合わせで小さな病変も発見でき、組織を採取することによる確定診断も可能です。


気管支鏡検査

肺の病気を診断するために行う検査です。気管支内にスコープを挿入し病変部位を観察したり、組織を採取することにより確定診断を行います。


体外式超音波検査

最新鋭の体外式超音波装置により、肝臓・胆嚢・膵臓などの実質臓器のみならず、消化管疾患の非侵襲的な診断や運動機能異常の評価を行っています。

内視鏡的治療

内視鏡的腫瘍切除術

早期がんやポリープなどに対して、内視鏡を用いた切除を行う治療法です。当センターでは、今まで一括切除が困難であった大きな病変に対しても、切開・剥離法により治療することが可能です。


内視鏡的止血術

胃・十二指腸潰瘍や食道静脈瘤の破裂に伴う出血に対して、内視鏡を用いた止血術を行います。熟練されたスタッフが24時間態勢で対応し、消化器外科、放射線科、麻酔・集中治療科などの関連他科と連携することにより、いかなる状況にも対処することが可能です。


総胆管結石に対する内視鏡的乳頭切開術

内視鏡を用いて十二指腸の乳頭部を切開し、総胆管結石を除去する治療法です。