こんにちは。3年生のおんぷ♪です

3年生の病児保育コースの学生は、今、病児保育実習の真っ最中です。
私も、実習に行ってきました。

病児保育とは、子育て支援事業の一環で、現在、厚生労働省もすごく力を入れている事業です。
医療保育というと、病棟での保育のイメージが強いと思いますが、病児保育も立派な医療保育です!
具体的には、子どもが病気で保育園や幼稚園に行くことができないけど親御さんが仕事を休むこともできない、という状況で子どもを預かり、保育します。
医療保育科では、医院併設型の病児保育室といって、小児科の病院に併設されている施設で実習を行います。
夏の病棟での保育実習とはまた違った学びがたくさんあり、すごく勉強になりました。

また、病児保育コースの学生は、11月30日に開催される『小児病棟成果発表会』に向けて、資料やパワーポイントを一生懸命作っています。
病棟実習指導の担当の先生たちが、マンツーマンで丁寧に指導してくださっています。

資料を作りながら、あんなこともあったな、こんなこともあったな、と実習の内容を思い出すのですが、そうしていると、実習中には気付かなかった大切なことに気づいたり、あれはああいうことだったのか!と理解が深まったりします。

事後学習って大切だな、と改めて感じました。

小児病棟での実習の成果が発揮されるように、頑張って資料をつくって発表したいと思います^^☆

また、3年生のもう一つのコースである発達障害児保育コースも、今月末でほとんどの人が実習を終え ます。
3年生全員が、3年間のすべての実習を終えようとしています。
学校生活の中での大きな行事も、残すはコース別実習の成果発表会とピアノの発表会だけです。

悔いのないように全員で精一杯頑張り、最後の学生生活を楽しもうと思います☆


Categories : おんぷ

RSS feed for comments on this post

  1. ちー

    11月 16th, 2011 at 9:38 PM

    いつも見させて頂いて
    います(^-^)

    質問です!
    実習しながら並行して
    発表会の準備もするの
    ですか?

  2. 医療保育科から

    11月 17th, 2011 at 1:22 PM

    >実習しながら並行して発表会の準備もするのですか?

    実習をしている日は実習施設にいるので、発表会の準備はできませんけど、実習をしている日の前後を含めるとすれば、そういうことになります。
    また、人によっては、実習から帰って来て、実習日誌を書いた後に発表会の準備をする、ということはあるかもしれません。

    病児保育実習は、夏休み期間に行う小児病棟実習とは異なり、『小児病棟実習指導』という授業の一環として、病児保育を経験することで小児病棟実習との違いを理解し医療保育についての知識を深める、という目的で行っています。
    そのため、この実習は、小児病棟実習指導、の時間帯に行います。
    今年度の場合だと、10月下旬から11月中旬の毎週水曜日と木曜日の1~3時間目です。

    ちなみに、小児病棟実習は、実習指導とは別に『小児病棟実習』という科目として扱われています☆

    病児保育実習では、病児コースの学生が3つの施設に分かれて、2~3人ずつのペアで2日間の実習を行います。
    病気の子どもを預かる施設に、一気にたくさんの学生が実習に行くと、利用されている子どもたちがびっくりしてしまいます。
    また、施設の通常業務のお邪魔になってしまうので、4週間に分けてお世話になります。

    そのため、すべての学生の実習が終わるまでに約1カ月かかります。

    その期間、実習ではない日は、学内で実習指導を受けて発表会の準備を進めます。
    あと、発表会の資料は、夏休みに実習をさせていただいた病院ごとのチームで作りますので、その中の誰か一人が実習に行っていても、他の人たちは発表会の資料の準備をすることができます。

    このあたりの事情については、皆同じですから、お互いに助け合ってうまくやっています^^

  3. ちー

    11月 22nd, 2011 at 5:19 PM

    とても丁寧に詳しく
    教えて頂きありがとう
    ございます(^-^)

    実習や発表会
    頑張って下さいね!

3 Responses