Archive for 12月, 2011

こんにちはV(^-^)V 3年のテディベアです。
寒い日が続き、週末には大雪だったこともあって、いよいよ本格的な冬になりました。

皆さんのお住まいの地域は、雪の影響は大丈夫でしたか。

3年生の発達障害児保育コースの学生は、12月22日(木)に発達障害児保育実習、実習報告会を無事終えました。
IMG_5209
IMG_5215

実習が終わったのは11月の末~12月の初めでしたが、その後、担当の先生方にアドバイスいただきながら、自分たちの実習での学びを報告書にまとめる作業を行いました。
実習が終わってから、約3週間で完成させなければならず、授業以外の時間も使ったりして、取り組んで来ました。
発表会当日は、2年生や先生方を前にし、緊張しましたが、落ち着いて発表する事が出来ました。

報告会の後、実習担当の中井先生が私たちのために作ってくださった、発達コースの思い出写真集を見ました。
音楽と写真を組み合わせたスライドショーを見ているうちに、報告会までの思い出が浮かび上がって来ました。
また、実習指導に当たってくださった中井先生をはじめ山田先生、東口先生、馬場先生から、それぞれお手紙をいただき、忘れられないものとなりました。

先生方、本当にありがとうございました。

実習を受け入れてくださった、実習先、対象児、保育科の先生方、仲間、実習に関わった全て方に、感謝の気持ちを忘れずに、残りの学校生活を過ごしていきたいと思います。

2年生も、見に来てくれて、ありがとうございました。来年は、バトンタッチです。大変ですが、頑張りは必ず、相手に伝わります。くじけずに、頑張って下さいね。
1年生は、実習の準備が始まって来るので、自分の武器(手遊び.弾き歌いなど)を一つでも多く見つけ、来年に備えて下さいね。

冬休みに入り、楽しみがたくさんあると思います。
体調に気をつけて、新学期を、元気に迎えられるようにしましょう。

こんにちは。2年生のnomukoです。
image
2年生は、保育実習と施設実習がようやく終わりました。
6月の保育所と9月の施設の実習は、全員同じように保育所と施設に行きますが、12
月の実習は、保育所か施設課を各自で選択して行きます。

保育所組は、以前と同じ園にお世話になるため、実習Iで担当した子どもの成長に
驚いたり、以前とは異なる年齢の子どもの様子を知ることができたりしました。
お楽しみ会では、何度も練習した手遊びやパネルシアター、手品を披露して、子ど
もに楽しかったなどと良い感想をもらえて嬉しかったです。
写真は、実習で使用した保育教材です♪

施設組では、日数を重ねるにつれて、初めは戸惑っていた利用者の方とのコミュニ
ケーションを楽しく感じるようになり、利用者の方のことをもっと知りたいと思う
ようになりました。

それぞれの実習で得たことや実際の子どもや利用者の方の姿を多くの人に知っても
らうため、1月に実習成果発表会を行います。
今は、それに向けて、グループで準備を行っている最中です。
自分たちの学んだことをきちんと皆さんにお伝えできるよう、頑張って準備をしよ
うと思います。

また、2年生は、3年生の5月下旬から行う幼稚園実習についての準備も始まりまし
た。
実習を希望する幼稚園を探したり、遊びの資料を集めたりしています。
保育実習の成果を活かして、幼稚園実習に向けても少しずつ準備や心構えをしてい
こうと思います。

IMG_5149
001
こんにちは(^O^)/
3年生のおんぷ♪です☆☆

11月30日(水)に、病児保育コースの実習の集大成である『小児病棟実習成果発表
会』がありました。

実習成果発表会とは、夏休みの期間中に各病院で実習させていただいた病院での保
育実習の成果を発表する会です。
病児保育コースの3年生は、夏休み期間中に、宮城・栃木・静岡・愛知・兵庫・香
川・大分・岡山と全国の様々な病院に分かれて10日間の小児病棟保育実習を行いま
した。

小児病棟保育実習では、プレイルームでのグループ保育やベッドサイドでの個別保
育、プレパレーション、ディストラクションなど様々なことを体験させていただき
多くのことを学ぶことができました。

発表会に向けて資料やパワーポイントを準備していると、実習中に学んだことがさ
らに深まり、今になって気づくことや理解できることが多々ありました。
発表会では、各病院で皆が学んできたことを聞くことが出来て、病院での保育に対
してさらに理解が深まりました。
また、お忙しい中、全国の各病院から実習指導担当の方々が来てくださり、本当に
嬉しかったです。
私たち、病児保育コースの皆は各病院で学んだことをしっかりと発表することがで
きました。

この場を借りて、改めてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

3年生の行事も、残すはピアノの発表会のみになりました。
ほっとする気持ちが半分、寂しい気持ちもあります。
残り後3ヶ月悔いがないように学生生活を楽しみます☆☆

こんにちは。1年生のウサコです。

今回は、医療保育科1年生の『乳児保育』という授業を紹介します。
P1020810

P1020820

P1020827

10月から乳児保育の授業で、パネルシアターの練習をしていました。
パネルシアターとは、1枚の大きなパネルと布製の様々なアイテムを使ってお話を展開していく、保育教材のひとつです。
歌や音楽、アイテムの動かし方で、物語の雰囲気を作り出します。
簡単そうに見えて、これが結構難しいです。
特に、音楽に合わせてアイテムを出したり引っこめたり、動かしたりするのは至難の業です。
何度も失敗しましたが、でも、この2カ月間、休み時間や放課後の時間を使って一生懸命練習してきました。

最後の発表は、11月30日(水)の保育実習指導の授業でした。
その日は、実習指導の先生方に見ていただきました。
ちなみに、川崎医療短期大学の医療保育科では、保育実習は2年生からですが、保育実習指導はその半年前の1年生から始まります!!
これ、ちょっとした自慢です。他の学校よりもすごくたくさん、実習のための事前指導を受けています。

さて、保育実習指導は3時間目だったので、直前のお昼休みに集まり、最後の練習をしました。
「ここはこうしたほうがいい」「さっきのところ、上手くできたね」など話し合いをしながら、見る人が楽しくなるようにと考えました。

本番では、笑顔と大きな声と見やすさ、参加しやすさに注意しながら演じました。
パネルシアターは、聞き手も歌や手拍子で参加できます。
クラスみんなが楽しく参加し、笑顔になれました。

けれども、すべて成功ではなくて、やはり、立ち位置やセリフ覚え等にまだまだ改善点があります。
皆で話し合って、これからもっと良い作品を作りたいと思います。