Archive for 2月 16th, 2012

DSC_0999

こんにちは。2年生のなみへいです。

 

今日は、医療保育科1年生と2年生の近況を伝えします☆

 

今、医療保育科の1年生と2年生は後期の定期試験中で、毎日試験勉強に追われています。

 

放課後の教室には、勉強をしている人がたくさん集まっていて、教え合ったり問題を出し合ったりして、一生懸命勉強しています。

単位を落とさないよう、しっかり頑張ります!

 

それから、医療保育科の造形教室には、1年生と2年生の作品が飾られています。

1年生は、造形表現の授業で季節ごとの壁面装飾を、2年生は、図画工作の授業で『一枚の板から』というテーマのもと個性豊かな作品を仕上げました。

保育士になるためには、図画工作の技術も必要です♪

授業では、こんな作品がある、というのを知るだけでなく、それを自分で実際に作ってみます。

そうすることによって、どの作業の時にどのような危険があるか、どのような助言が必要か、ということを、経験を通して学ぶことができるからです。

 

さて、2月15日に、2年生を対象にコース分けの説明会がありました。

医療保育科では、3年生になると病児保育コースと発達障害児保育コースのいずれかを選択して、それぞれのコースの実習に沿った専門的な勉強をします。

コース選択をするにあたって、病児保育コースの実習責任者の宮津先生と、発達障害児保育コースの実習責任者の中井先生から、コースの概要説明を受けました。

病児保育コースの実習は、医療保育科ならではのオリジナルな実習が魅力的ですし、発達障害児保育コースの実習は、これから現場に出るにあたって必要となってくることが実践的に学べる実習だということに興味をひかれます。

どちらのコースにするか、最終決定はもう少し先ですが、自分がどのようなことを学びたいかをしっかり考えて、悔いの残らない選択をしようと思います☆