Archive for 6月, 2012

こんにちは。3年生のなみへいです。

3年生は、先週末にようやく、約1ヶ月間の教育実習が終わりました。
実習期間が長かったため、体力的にも精神的にも大変な日々でしたが、子ども達の
元気な姿に助けられ、乗りきることが出来ました。

実習から帰ってきて、クラスのみんなと話をしてみると、幼稚園での実習は、保育
所での実習以上に公立や私立、地域によって、指導の回数や日誌の形式が様々でし
た。

私の場合、自由遊びの時には、子どもたちから泥団子の作り方や靴取り鬼の遊び方
などを教えてもらい、毎日新しいことを知ることが出来たり、発見があったりと、
楽しかったです。
実習中は、何度も指導案を書き直したにもかかわらず、様々な幼児の動きを予想し
ていても、実際に指導してみて見えてくることや分かることがたくさんありまし
た。
実際に指導する難しさも感じましたが、自分の考えた遊びを楽しんでくれたり、声
かけが通じたりした時の喜びも感じることが出来ました。
DSC_1166
写真の絵本は実際に指導の導入で読んだものです。6月は、時の記念日があったり、
梅雨の時期に入ったりしたため、時計に関する絵本や雨の日についての絵本を読み
ました。

また、幼稚園は、子どもが帰るのが早いため、子どもが帰ってからも、畑を耕し苗
植えをしたり、壁面を作ったり、花壇や用具の表示を作ったりと、様々なことをし
ました。
幼稚園は、職員の数が少ない分、することが多かったですが、たくさんのことを経
験することが出来ました。

医療保育科は、今、2年生が今週の土曜日まで、初めての実習を頑張っている時で
す。
来週、やっと1年生から3生生全員が揃います(^o^)

実習が終わってからは、勉強会やボランティアなど、本格的にスタートするため、
就職モードに切り替えて頑張ります。

こんにちは、1年生のまややです!

先日の授業で、『分光器』というものを作りました(^^)
P1020198-1
箱に穴を開けたり、箱の中に黒い紙を貼ったりという作業をしたのですが、一見簡
単なようで、実際にやってみると難しかったです。
箱に穴を開けるのに悪戦苦闘で、思ったよりも時間がかかりました。

頑張った結果、写真のように出来上がりました♪

真ん中にあるプリズムが箱の中に入った光を分けてくれるので、まるで虹のような
光が見える、という仕組みです。
とてもきれいでした(^O^)

あっという間に6月の終わりになり、あと1か月もすれば前期のテストがあります
が、気合いをいれて頑張ろうと思います!

こんにちは。二年生のウサコです(^_^)!

私たち二年生は、もうすぐ初めての保育所実習が始まります。
まだまだ先だと思っていた実習がもう間近になり、焦りと不安が募る中、「とにか
くやるしかない!」と今自分達にできる準備を頑張っています。

今日は実習で使うために自分たちで作っている、手作りおもちゃを紹介します!

1つ目は、洗濯バサミを使う遊びで、想像力を養ったり手指の発達に繋がります。

IMG_7941
2つ目は、はフェルトで作った魚釣りです。中に磁石を入れています。色彩や感
触、魚が釣竿にくっつく事を楽しみます。
IMG_8015
保育園で使用するおもちゃは、ただ楽しむことができればいいのではなく、楽しん
で遊ぶ中で、子どもたちがどのようなことを学ぶことができるかについても考えて
作らなければなりません。
例えば、楽しく遊ぶ中で友達とけんかせずに遊ぶ方法を考える力を養えるとか、楽
しく遊びながら手指の機能を成長させることができるとか、そういうことができる
おもちゃが作りたいのですが、これがすごく難しい(>_<)
なので、まずは自分たちであれこれ考えて作ってみるのですが、行き詰ったときに
は先生方の意見をもらいに行っています。

保育実習のための準備は、おもちゃ作りの他にも、園で弾くピアノを練習したり、
指導案の書き方を練習したりと、山のようにあります。

すごく大変だけど、実習は、学内で勉強した知識を実際に使ってたくさんのことを
学ぶチャンスなので、笑顔で10日間を乗りきり、有意義な実習にしたいと思います
☆彡