Archive for 4月 26th, 2013

はじめまして!
今年度より、川崎医療短期大学医療保育科に入学しました 一年生のジョージです。
よろしくお願いいたします(*^^)

わたしたち一年生は、4月1日より五日間の新入生オリエンテーションを経て4月6日に正式に入学が許可され学園の仲間入りを果たしました。

image15
まず、五日間の新入生オリエンテーションは緊張の連続でした。新しい学校、新しい仲間、新しい生活・・・。

ジョージ%281%29
それに加えて、わたしは時間割を組むという作業がとてもとても大変でした。最初は自信がなく、あまり声をかけられませんでしたが自己紹介をしたり先輩方が校舎内を案内してくださり時間の経過とともに打ち解けることができています。
入学式は、あいにくの大雨。体育館の中まで雨音が聞こえるほどでした。この写真は、入学式の前の日に撮ったものです。大学の桜も、オリエンテーション開始時はまだ満開とは言えませんでしたが入学式の前の日には満開になりました。
入学式の祝辞の中で 「大樹深根」という言葉をいただきました。大樹深根という言葉に関して昔の先人はこう説いています。苗木が成長する過程ではもちろんのこと、大樹として地面にしっかりと立ち続けるためには、目に見えない地中で根を四方八方に張り巡らしていることが必要である。もし、根が貧弱で、充分に張り巡らされていない場合には、いずれその木は枯れてしまう。人の成長のためにも、目に見えない根の部分を強くする必要がある。

わたしは学校にある立派な大樹をみて思いました。学校にある立派な大樹も昔は、小さな苗木だったと思います。その苗木もたくさんの雨と日光を浴び、時に強風にあおられたり、真夏に雨が長い期間降らなかったりしたでしょう。ですが、今日この日まで毎日成長し続け立派に立っています。私たちは今はいわば苗木でしょう。
周りには先生という大樹、先輩という大樹・・・。たくさんのお手本、見本、目標があります。その大樹から、何を学び、そこから何を得るのかはわたしたち次第だと思います。
わたしは「みんな」で「大樹」になっていきたいなぁ・・・と思いました。

大学生活を3週間ほど送る中でイベントもありました!
医療保育科の先輩方が、新入生歓迎会を開いてくださいました。「ジェスチャーゲーム」がとっても面白かったです!(^^)!「生まれたての小鹿」「電車に乗ろうとしたけど電車のドアが閉まってしまった」など難しい設定でしたが、時間が経つごとに場が和み新入生も、動けるようになりました。そのあとは先輩方とグループになりお菓子とジュースをいただきました。テストの話、先生方の話、サークル紹介などなど盛りだくさんで楽しかったです!

また、土曜日の学校もスタートし、第一回は医療保育科を卒業され、保育園幼稚園の先生として働かれている方のお話を聞きました。まだ入学したばかりですが、1年生から将来を描きつつ学校生活を送っていかねばならないことがよくわかりました。
わたしが一番印象に残っている言葉があります。

「みんな」で保育園幼稚園の先生になるんだ!と思うことが大事です。

という言葉です。わたしだけこうなりたいと思うのではなく、みんなでなろう!という心掛けが大切だそうです。どうしてもこれからは専門性の高い勉強をするので、個々が無我夢中になることがよくあるのだろうと思います。ですが、目指すものは同じわたしたちは同志なので、お互い律しながらもどんなことがあっても乗り越えよう!!!という強い気持ちが大切なのかな・・・と思っています。これからも、たくさんの勉強と行事が続きますが、精いっぱい楽しみながらたくさん自分のものになるように取り組んでいきたいです。
まだまだ「新しい」連続の毎日ですが、疲れた時はゆっくりしながら 楽しみながら 笑顔あふれる3年間にしていきます(^_^)


以上、1年生ジョージでした(^^)vありがとうございました*