Archive for the ‘おんぷ’ Category

こんにちは。3年生のおんぷです。

3月15日、私たち3年生は、川崎医療短期大学医療保育科を卒業しました。
保育士になりたい、という思いで入学した3年前が、昨日のことのように思います。
DSC_0012
卒業式の前日、3月14日に、3年生送る会がありました。
2年生が私たち3年生を楽しませてくれました。
様々なゲームや会食、ビンゴ大会などどれもすごく楽しかったです(*^^*)
ありがとうございました。
DSC_0007
そして、迎えた3月15日。
私たち5期生は本当に明るくて元気で仲が良いクラスだったと思います。
実習中、皆がいたから頑張れました。

また、私は、3年間寮で過ごしました。
寮では、毎日友達と家族のように過ごし、共に歩んできました。
辛いことも楽しいことも分かち合い、皆がいてくれたから頑張れたと思います。
寮という素晴らしい環境に感謝しています。

でも、何よりも、医療保育科の先生方が私たち生徒一人一人の気持ちに寄り添い、支え続けて下さったおかげで頑張れたのだと思います。
先生方や友達に、心から感謝します。
3年間、ありがとうございました。
これからは、医療保育科での3年間を胸にそれぞれの新しい場所で頑張っていきます。


最後になりましたが、私は川崎医療短期大学医療保育科を誇りに思っています。
この思いを胸に、4月から頑張ろうと思います。

3年間、本当にありがとうございました。

こんにちは。3年生のおんぷです♪

前回のブログで2年生のなーさんが紹介してくれたように、私たち3年生は、2月2
日と3日に卒業ピアノ演奏会を行い、3年間ピアノの指導をしていただいた成果を
皆の前で発表しました。

曲目は各自が、担当の先生と弾きたい曲を一緒に決めました。
演奏会まで、毎日遅くまで練習して、緊張しながらも発表会を楽しみにしていまし
た。
その甲斐あって、本番では皆最後まで諦めず弾くことが出来、最高の演奏会になり
ました。

友達の演奏を聞くと、3年間の思い出が蘇り、涙が出そうになりました。
この演奏会をもって3年間の学生生活が終わりました。
楽しかった学生生活の思い出と友達と離れる寂しさと新たな場所への不安でいっぱ
いです。

今、3年生の多くは、職場での研修や、経験を積むためのボランティア活動をしてい
ます。
医療保育科は他の学科よりも少し早く春休みになります。
私たちの場合、現場での経験を積むことが何よりも大切なので、4月からの就職に向
けての準備のために大切な期間なのです。

就職までに、少しでも多くの経験を積んで、川崎医療短期大学で先生方に教えてい
ただいた様々なことを胸に4月から頑張ります。

3年間ありがとうございました。

IMG_5149
001
こんにちは(^O^)/
3年生のおんぷ♪です☆☆

11月30日(水)に、病児保育コースの実習の集大成である『小児病棟実習成果発表
会』がありました。

実習成果発表会とは、夏休みの期間中に各病院で実習させていただいた病院での保
育実習の成果を発表する会です。
病児保育コースの3年生は、夏休み期間中に、宮城・栃木・静岡・愛知・兵庫・香
川・大分・岡山と全国の様々な病院に分かれて10日間の小児病棟保育実習を行いま
した。

小児病棟保育実習では、プレイルームでのグループ保育やベッドサイドでの個別保
育、プレパレーション、ディストラクションなど様々なことを体験させていただき
多くのことを学ぶことができました。

発表会に向けて資料やパワーポイントを準備していると、実習中に学んだことがさ
らに深まり、今になって気づくことや理解できることが多々ありました。
発表会では、各病院で皆が学んできたことを聞くことが出来て、病院での保育に対
してさらに理解が深まりました。
また、お忙しい中、全国の各病院から実習指導担当の方々が来てくださり、本当に
嬉しかったです。
私たち、病児保育コースの皆は各病院で学んだことをしっかりと発表することがで
きました。

この場を借りて、改めてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

3年生の行事も、残すはピアノの発表会のみになりました。
ほっとする気持ちが半分、寂しい気持ちもあります。
残り後3ヶ月悔いがないように学生生活を楽しみます☆☆

こんにちは。3年生のおんぷ♪です

3年生の病児保育コースの学生は、今、病児保育実習の真っ最中です。
私も、実習に行ってきました。

病児保育とは、子育て支援事業の一環で、現在、厚生労働省もすごく力を入れている事業です。
医療保育というと、病棟での保育のイメージが強いと思いますが、病児保育も立派な医療保育です!
具体的には、子どもが病気で保育園や幼稚園に行くことができないけど親御さんが仕事を休むこともできない、という状況で子どもを預かり、保育します。
医療保育科では、医院併設型の病児保育室といって、小児科の病院に併設されている施設で実習を行います。
夏の病棟での保育実習とはまた違った学びがたくさんあり、すごく勉強になりました。

また、病児保育コースの学生は、11月30日に開催される『小児病棟成果発表会』に向けて、資料やパワーポイントを一生懸命作っています。
病棟実習指導の担当の先生たちが、マンツーマンで丁寧に指導してくださっています。

資料を作りながら、あんなこともあったな、こんなこともあったな、と実習の内容を思い出すのですが、そうしていると、実習中には気付かなかった大切なことに気づいたり、あれはああいうことだったのか!と理解が深まったりします。

事後学習って大切だな、と改めて感じました。

小児病棟での実習の成果が発揮されるように、頑張って資料をつくって発表したいと思います^^☆

また、3年生のもう一つのコースである発達障害児保育コースも、今月末でほとんどの人が実習を終え ます。
3年生全員が、3年間のすべての実習を終えようとしています。
学校生活の中での大きな行事も、残すはコース別実習の成果発表会とピアノの発表会だけです。

悔いのないように全員で精一杯頑張り、最後の学生生活を楽しもうと思います☆

3年生のおんぷ♪です☆☆
他の人も書いてくれていますが、10月8日、9日に学園祭がありました。
私は、アカペラ部でライブを行ったり、友達となんでもコンテストでダンスを踊ったりと最後の学園祭を楽しみました。
111009_1355451gke
さて、病児保育コースでは今週からから11月中旬までの間の水曜日と木曜日の2日間、病児保育室での保育実習を行います。
病児保育室とは、熱や感染症などで保育園に通えないこどもたちを預かり保育する施設です。
たいていの場合は、医院に併設していることが多いです。
この実習が、本当に本当に、3年間の生活の中で最後の実習となるので、今までいろいろな実習で学んだことを生かして精一杯励みたいと思います。

また、3年生は今それぞれの目標に向かって就職活動を頑張っています。
面接の練習や、音楽や身体表現、造形表現の実技の練習、指導案の書き方の指導など、医療保育科の様々な先生方が、朝早くから夜遅くまでご指導してくださっています。
先生方は、ご自分の授業の合間に私たちの指導をしてくださって、また授業に行って、放課後遅くまで付き合ってくださって、という状況です。
先生たちへの恩返しの意味も込めて、就職試験本番で自分の力をしっかりと発揮出来るよう、自分自身もしっかり努力していきたいです。

こんにちは。おんぷです。
オペレッタが終わり、3週間になりました。
毎日遅くまで続いたオペレッタの練習が終わって余韻に浸る間もなく、今度は就職
活動と定期試験の勉強に追われていましたが、その試験も、いよいよ今日で終わり
ます!

試験が終わったら、私は病児保育コースなので、いよいよ小児病棟での保育実習が
始まります。

小児病棟での保育実習は、宮城から大分まで様々な場所で10日間の実習を行いま
す。
初めての病院実習は緊張しますが、どんなことが学べるのか、今からとても楽しみ
です。

この実習に向けて、小児病棟実習指導という授業の中で様々な事前学習をしてきま
した。
110810_174725
例えば、「病気プリント119」では、実習指導の先生方が厳選した小児に関連す
る疾患119個について、各自で調べてまとめました。
また、実習中の各自の課題を、自分はどんなことに興味があるのか、どんなことを
実習で学びたいのか、そのためには実習中にどう行動すればよいかを考えて、文章
でまとめる作業を行いました。
どちらも本当に大変な勉強でしたが、すべて実習に役立つことばかりだと思うの
で、もう一度復習してから実習に臨みたいと思います。

 こんにちは。おんぷ♪です(^O^)/

7月24日(日)に、オープンキャンパスと同時開催の『オペレッタ一般公開』がありました。

多くの方々が私達の演技を見に来て下さり、満員となりました。
午前中のオープンキャンパスには、なんと約100名!!の高校生と保護者の方が参加してくださり、大部分の方が、そのままオペレッタの一般公開を見てくださったようです。

見に来て下さった皆さんありがとうございました。

浦島太郎

シンデレラ

桃太郎

王子と指輪

Sweet パラダイス

いかがでしたか?

DVC00461

 

201181
とても緊張しましたが、皆で力を合わせて良い演技ができました。
皆一人一人が役になりきり、とても楽しかったです。
教育実習が終わった7月からは毎日、表現系の先生方と一緒に玄関の施錠時間ぎりぎりまで残って練習して、小道具や背景を作って、とても大変でした。

けれども、頑張った甲斐があって良い物が出来ました。

どのチームも、皆で協力しあって、一つの物を作り上げることができました。

オペレッタを通して、今まであまり話したことがなかった子とも仲良くなり、友達の輪が広がりました。
また、他の人と積極的に意見交換したり、前よりも意見を調整したりできるようになったり、自分の思いをどうやったら他の人に分かりやすく伝えることができるかを学ぶ良い機会になりました。

オペレッタを学ぶ意味は、保育者になった時に困らないようにするだけの目的で学ぶのではなく、ここにあるんだと、最後のほうになってようやく気付きました。

 

この学びを忘れずに、次は就職に向けて頑張ります!!

おんぷです♪

 

医療保育科3年生は、5月23日~6月19日の3週間、県内外で幼稚園教育実習がありました。

 

私は、自分の出身地の大阪で実習をしましたが、中には長崎県や大分県、高知県などで実習していた学生もいました。

実習は、体力面でも日々の実習活動の面でもいろいろと大変でしたが、現場の実習担当の先生が丁寧に指導してくださったおかげで多くのことを学ぶことができました。

また、実習の途中、医療保育科の先生方がお仕事の合間を縫って、どんなに遠い所でも交通の便が悪い所でも、笑顔で巡回訪問に来てくださったことにすごく励まされました☆

今週の月曜日に、約1ヶ月ぶりに学校に登校しました。

実習も他の仕方けど、でもやっぱり、学校や友達は良いですね(^O^)/

すごく安心します。
untitled
教育実習がひと段落したので、これから7月24日(日)のオペレッタ一般公開に向けての準備を再開します。
今年のオペレッタは5つのチームに分かれていて、sweet paradise、浦島太郎、桃太郎、シンデレラ、王子と指輪の5つの劇を上演します。

私たちのチームは、昨日、演目の造形、音楽、通し稽古をしました。
先輩たちみたいなすごいオペレッタになるように頑張ります(^O)=3

7月24日(日)の一般公開はオープンキャンパスと同時開催です。是非来てください!!

皆さん、こんにちは。3年生のおんぷです♪

医療保育科の3年生は、幼稚園教育実習が1週間に迫り、とても緊張しています。
私も不安と緊張で押し潰されそうですが、それと同時に、どんな子どもたちに出会えるんだろう、どんなことが学べるんだろう、という期待もいっぱいです。
110514_125449
そんな中、病児保育コース(医療保育科3年生は病児保育コースと発達障害児保育コースのどちらかを選択します)の学生は、授業の一環として、愛知県にある『あいち小児保健医療総合センター』に病院見学に行きました(^O^)/

あいち小児保健医療センターは、日本屈指の先駆的な小児専門病院で、医療保育の内容はとてもハイレベルです。

また、保育だけでなく病院全体が、来院する子どもたちに恐怖感を与えないように、子どもたちが安心して医療を受けられるように、入院中の子どもたちが子どもらしく過ごせるように、と様々な取り組みを行っているそうです。

例えば、医療スタッフは、患者さんに威圧感を与えないために私服で勤務しています。

また、病院の廊下や壁のすべてにかわいらしい装飾が施されています。

建物だけでなく、レントゲンやCT、身近な医療器具も、すべてキリンやアンパンマンなどに見立てた装飾がしてあって、びっくりしました。

そのため、病院に入った第一印象は、病院ではなくて子どものテーマパークのように感じました。
病院の中の写真をお見せできないのが残念です><
あいち小児保健医療センターで実際に働いている保育士さんのお話を聞いた中で印象に残ったことは、同じ疾患の子どもでも年齢や状態によって遊びの提供方法が異なること、保育士は看護助手ではないことを自分たちが意識して主張していかなければならないこと、です。

 

病棟保育への想いが膨らみ、とても充実した見学実習となりました。

☆おまけ☆

愛知県までは片道6時間ほどかかります。

かなり遠くて疲れてしまうので、初日は、途中休憩と昼食を兼ねて長島スパーランドに寄りました。

病院見学が目的でしたが、長島スパーランドもとても楽しかったです^^

110513_1458081