HOME   >  キャンパスライフ   >  学生生活サポート−健康支援室

学生生活サポート

健康支援室

学生の皆さんの健康についての様々な相談を受けています
簡単な応急処置看護、健康相談、医療機関紹介なども行っています。

 実家を離れて一人暮らしで、一番不安になるのが、病気になった時でしょう。
 看護してくれる人もいないし、病院に受診するにはどうしたらよいか、という時に気軽にご相談ください。
 昨年度一年間に健康支援室を利用した学生は延べ1800名です。利用内容は、下記のようになっています。この他、何科を受診すればよいか、日常生活,食生活においてどのようなことに気を付ければよいか、日々一緒に考えています。
 健康支援室は、教職員,学生の皆さんに支えられており、本学教授陣には医師も多く、緊急時には指示を受けています。体調不良でベッド休養中、どうぞと譲ってくれた学生さん、手伝いますと駆けつけて手を貸してくれた学生さん、とても心強く、そして心温まる思いがします。そのようなすばらしい学生さんたちが心身共に健康であるためには、朝食と睡眠をしっかりとり、崩れがちな生活リズムを整えることが肝要です。また、喫煙が及ぼす悪影響について真剣に考えてもらえたらと願っています。

健康支援室利用内容
  1. 風邪に伴う諸症状
  2. 体調不良(ベッド休養)
  3. 胃腸症状
  4. 生理痛
  5. 熱傷・打撲・切創・擦過傷
  6. 附属病院受診手続き、他病院受診相談
  7. 腰痛・筋肉痛
  8. 頭痛
  9. 健康相談(睡眠障害、ダイエット、食生活異常等)
  10. 健康支援室受験
  11. その他