HOME   >  大学案内   >  建学の理念・三つのポリシー

建学の理念・三つのポリシー

建学の理念

人をつくる 体をつくる 深い専門的知識・技能を身につける

三つのポリシー

川崎医療短期大学は、「建学の理念」に基づいて、優れた人材を育てあげるために、入学者受け入れ、教育課程の編成・実施、学位授与などについて、次のような三つのポリシー(方針)を掲げています。

  1. アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)
    本学では、学園創設の理念と教育理念のもと、医療福祉の理念を理解し、社会に貢献できる専門的な医療福祉人を育成することを目的としている。そのために、以下の学生を入学者として求めている。
    1. 医療や福祉の分野で活躍するために、その知識と技術を修得する意欲のある人
    2. 病気や障がいのある人の気持ちを理解するとともに、その苦悩に共感できる人
    3. 社会人としての良識や倫理観を身に付け、社会に貢献したいと願っている人
    4. 他者の言葉に耳を傾け、適切に説明できるというコミュニケーション能力を持つために努力する人
    5. 他の医療福祉人と連携して働くために、チームワークの能力を備えている人
  2. カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
    本学の「建学の理念」に沿った有為な人材を養育するために、次の方針に基づく教育課程を編成しています。
    1. 教育課程の編成は、各学科の教育課程の編成・実施の方針に適確に対応する構成とする。
    2. 幅広い視野と専門的な知識・技術を備えた専門職者を育成するために、全学科の教育課程は「教養教育科目」と「専門教育科目」を体系的、順次的に配置したものとする。
    3. 専門職者として社会の現場で活躍できる実践力と応用力の体得を育成するため、各学科の教育課程においては、多様な講義と実習科目や学外実習との整合性を図る。
  3. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
    次の能力を備えていることを重視し、所定の単位を取得した学生に対して卒業を認定します。
    1. 各学科の学位授与の方針に適合している。
    2. 修得した知識・技能により、新たな課題を解決できる力を有している。
    3. 専門的な知識・技能により、社会の一員として社会の発展に寄与できる力を有している。
    4. 誠実で礼儀正しく、他者のあり方を受け入れる姿勢をもって、社会の規範を順守し、自立した活動ができる力を有している。

看護科

アドミッション・ポリシ一(入学者受入れの方針)

看護科は、「建学の理念」を理解し、将来看護師として社会に寄与できる人材を育成するために、次のような人を求めています。

  1. 看護学を学ぶために必要な基礎学力を有している人
  2. 人に対し豊かな人間愛を持てる人
  3. 広い視野で物事を見たり考えたりできる人
  4. 心と身体のバランスを保つことができる人
  5. 自ら学ぶ姿勢と意欲をもち、行動力がある人
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

看護科は、優れた看護実践者を育成するために、次のような方針でカリキュラムを編成しています。

  1. 初年次教育ではリメディアル(補習)教育を重視し、基礎学力を強化する。
  2. 専門基礎科目や専門科目の授業では、基本的な病態に応じた治療や看護を修得できるようにする。
  3. 臨床実習では、多様な人間関係のなかで患者一人ひとりに対応できる看護実践能力を養う。
  4. 地域や医療機関等の現場では、実務に近い看護の体験を積み重ねることによって、卒業後のスムーズな適応を図る。
  5. すべての教育課程を通じて、身体的・心理的・社会的側面から人間愛を理解できるような人材を育成する。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

看護科は、「建学の理念」に基づいた教育の成果として、次のような能力を身につけ、かつ所定の単位を取得した学生に「短期大学士(看護)」を授与します。

  1. 看護師に必要な知識とともに、看護師国家試験に合格しうる能力を修得している。
  2. 看護の現場で必要とされる看護技術の水準に到達している。
  3. 根拠に基づいた看護を提供できる実践能力を修得している。
  4. 医療人としての豊かな人間性と高い倫理観を備えている。
  5. 生涯にわたり、看護専門職者としての誇りを持ち続けることができる。
PageUp

臨床検査科

アドミッション・ポリシ一(入学者受入れの方針)

臨床検査科は、「建学の理念」に沿った教育を行うために、次のような人を求めています。

  1. 臨床検査学を学ぶために必要な基礎学力を有している人
  2. 医療や臨床検査に高い関心を持ち、臨床検査技師になることを強く希望する人
  3. 人々の健康を大切にし、地域医療への貢献を志す人
  4. 自ら学ぼうとする意欲のある人
  5. 協調性と思いやりのある人
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

臨床検査科は、知識と技術を統合させることによって実践力のつくカリキュラムを編成し、経験豊かな講師陣による講義と実践的な実習を展開しています。

  1. 基本的知識・技術の修得をめざし、1年次から2年次前期にかけて学内で基礎および専門分野の講義と実習を行う。
  2. 2年次後期からは、患者への対応、検体や機器の取り扱い、社会人・医療人としての心構えなどを培うために、川崎医科大学附属病院を中心とした臨床現場において、小グループ単位での臨床実習を行う。
  3. さまざまな講義と実習を通じて、多様な視点と高い倫理観を養う。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

臨床検査科は、「建学の理念」に基づいた教育の成果として、次のような能力を身につけ、かつ所定の単位を取得した学生に「短期大学士(臨床検査)」を授与します。

  1. 臨床検査技師に必要な知識・技能とともに、臨床検査技師国家試験に合格しうる能力を修得している。
  2. 臨床検査技師として地域医療に貢献できる実践能力を修得している。
  3. 卒業後ただちに医療現場で活躍できる基礎的技術および知識を身につけている。
  4. 医療人としての豊かな人間性と高い倫理観を身につけている。
  5. 臨床検査技師として、生涯研修・研さんを行う意欲と能力を身につけている。
PageUp

放射線技術科

アドミッション・ポリシ一(入学者受入れの方針)

放射線技術科は、「建学の理念」に沿った教育を行うために、次のような人を求めています。

  1. 入学後の修学に必要な基礎学力と理解力を有している人
  2. 医療に深い関心を持ち、診療放射線技師として社会に貢献したいという目的意識と情熱を持っている人
  3. 自分の考えを的確に表現し、責任を持った行動ができる人
  4. 物事を論理的かつ多面的に考えることができる人
  5. 人々の健康を尊重し、協調性と思いやりがある人
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

放射線技術科は、「建学の理念」に沿った教育を達成するために、次のような方針に基づいてカリキュラムの編成・実施を行います。

  1. 診療放射線技師国家試験受験資格を得るための教育課程を編成し、国家試験合格に必要な知識・技能を修得させる。
  2. 長期にわたる臨床実習を行い、医療現場で役立つ実践的知識・技術と医療従事者としての心構えの育成に力を注ぐ。
  3. 基礎実習・実験と卒業研究を実施し、課題の探求と解決能力を育成する。
  4. 専門科目の学習や学外研修を通して、最先端の知識・技術の修得を目指す。
  5. 幅広い基礎科目と、さまざまな医療職種に関する基礎知識を教育することによって、多様な視点と倫理観を育成する。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

放射線技術科は、「建学の理念」に基づいた教育の成果として、次のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に「短期大学士(放射線技術)」を授与します。

  1. 診療放射線技師に必要な知識・技能とともに、診療放射線技師国家試験に合格しうる能力を修得している。
  2. 診療放射線技師の仕事に対応できる実践能力を持つとともに、チーム医療に貢献できる能力を修得している。
  3. 医療現場でのさまざまな技術的な問題について、適切な対応を考えることができる。
  4. 向上心を持ち、生涯にわたって診療放射線技師としての研修・研さんを行う意欲と能力を身につけている。
  5. 診療放射線技師として使命感と責任感を持ち、医療従事者として豊かな人間性と高い倫理観を身につけている。
PageUp

医療介護福祉科

アドミッション・ポリシ一(入学者受入れの方針)

医療介護福祉科は、「建学の理念」に沿った教育を行い、対人援助の立場から人材育成を行うために、次のような人を求めています。

  1. 入学後の修学に必要な基礎学力と理解力を有している人
  2. 介護福祉士になることを強く希望し、進んで学習する意欲のある人
  3. 協調性と他者を思いやる気持ちのある人
  4. 誠実で責任感のある人
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

医療介護福祉科は、共通科目を含む基礎分野に加えて、介護福祉士養成の指定科目群である「人間と社会」、「介護」、「こころとからだのしくみ」、「医療的ケア」の4領域と医療介護福祉科固有の科目を統合したカリキュラムを編成しています。

  1. 医療介護福祉に関する深い専門的知識と技能を養う。
  2. 心理的、社会的支援の方法を身につけ、高い倫理観を有する人材を育成する。
  3. 介護予防、リハビリテーション、医療介護、さらに看取りまで、幅広い分野を学ぶ機会を提供する。
  4. 卒業後の自己研さん能力を身につけられるよう支援する。
  5. 全教育課程を通じ、学生の人間的成長を支援する。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

医療介護福祉科は、「建学の理念」に基づいた教育の成果として、次のような能力を修得し、かつ所定の単位を取得した学生に「短期大学士(医療介護福祉)」を授与します。

  1. 生活支援が必要な人への介護実践能力を身につけている。
  2. 根拠を明確にした介護ができる。
  3. 人権擁護意識と職業倫理を身につけるとともに、医療介護福祉の意義を理解している。
  4. 介護福祉士としての誇りと専門知識を持ち、医療関係を含む他職種者と連携してチームケアができる。
PageUp

医療保育科

アドミッション・ポリシ一(入学者受入れの方針)

医療保育科は、「建学の理念」に基づき、子どもに対する愛情が豊かな保育者(保育士・幼稚園教諭)を育成するために、次のような人を求めています。

  1. 保育を学ぶために必要な基礎的な学力とコミュニケーション能力を有している人
  2. 思いやりと責任感があり、保育者をめざす強い意志がある人
  3. 受け身でなく自ら進んで行動できる人
  4. 最後まであきらめず努力することができる人
  5. 実習を乗り越える体力と精神力がある人
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

医療保育科は、保育に関する基礎的な知識、技能、態度を修得し、それを核にして医療保育(病児・発達障害児を含むあらゆる子どもの保育)に関する専門性を高められるように、カリキュラムを編成しています。具体的な学習は、「なすことによって学ぶ(Learning by doing)」を基本理念に、学内での演習、保育現場での実習を重視した教育活動を展開します。

  1. 1年次は保育士・幼稚園教諭養成科目を中心とした基礎的な学習を展開する。
  2. 2年次は保育実習を核とする実践的な学習を展開する。
  3. 3年次は病児保育コースと発達障害児保育コースに分かれ、応用的な学習を展開する。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

医療保育科は、「病児・発達障害児を含むあらゆる子どもの保育」ができる保育者の養成をめざしています。この目標を達成するために、次のような能力を身につけ、所定の単位を取得した学生に「短期大学士(医療保育)」を授与します。

  1. 何よりも子どもの利益を最優先することができる。
  2. 環境の変化に対応し、自ら成長し続けることができる。
  3. 保育者として必要な知識・技能・精神力を身につけている。
  4. 医療と子どもの病気に関する基礎的な知識を身につけている。
  5. 障害のある子どもの発達を支援できる。