平成30年度 公開講座

公開講座は、医療・福祉に関心のある方々への本学からの贈りものです。

少しでも興味をもたれる方は、是非ご参加ください。
テーマにそった易しい解説講演と体験的なデモンストレーション・実習などを提供します。
 

講座テーマ

ご希望の講座をクリックしてください。【受講料は無料】 申込方法はこちら
 【第1回】 『受ける前に知っておきたい放射線検査のこと!』
 【第2回】 『VR(バーチャル・リアリティ)から認知症の人の「世界」を体験  〜新たな寄り添い方をみつけよう〜』
 【第3回】 『がんの治療と一緒に緩和ケア  〜つらい症状や気がかりを和らげる〜 』

 
 第1回:平成30年5月19日(土) 10:00〜11:30
テーマ 『受ける前に知っておきたい放射線検査のこと!』
講 師 小野 敦
 ・川崎医療福祉大学 診療放射線技術学科教授
内 容 画像診断に用いられる一般撮影、透視、DSA、CT、MRI検査について、検査目的、原理、方法や、被曝を含めた安全性について解説します。
場 所 本学 体育館101教室
対 象 高校生・一般
定 員 200名
申込締切 定員に達し次第、締切ります。
備 考 詳しくはこちらから(PDF形式でチラシがご覧いただけます)
トップへ
 
 第2回:平成30年7月7日(土) 10:00〜12:00 受付を終了しました
テーマ 『VR(バーチャル・リアリティ)から認知症の人の「世界」を体験 〜新たな寄り添い方をみつけよう〜』
講 師 VR認知症ファシリテータ−
 ・株式会社シルバーウッド VR事業部
辻 真美
 ・川崎医療短期大学 医療介護福祉科准教授
居村 貴子
 ・川崎医療短期大学 医療介護福祉科助教
内 容 最新技術のVR(バーチャル・リアリティ)を使って、認知症の人の「世界」を疑似体験します。その体験を通してよりよい介護について考えます。
場 所 本学 体育館101教室
対 象 高校生・一般
定 員 50名
申込締切 定員に達し次第、締切ります。
備 考 詳しくはこちらから(pdf形式でチラシがご覧いただけます)
トップへ
 
 第3回:平成30年10月20日(土) 10:00〜11:30
テーマ 『がんの治療と一緒に緩和ケア 〜つらい症状や気がかりを和らげる〜 』
講 師 大石 昌美
 ・川崎医科大学附属病院 緩和ケア認定看護師
内 容 がんの治療と一緒に受ける緩和ケアについてお伝えします。
「治療中も苦痛なく生活したい」そんな望みを叶えるためのちょっとした工夫や、がんサロンの取り組み等、ぜひ知っていただきたい『緩和ケア』についてのお話しです。
場 所 本学 体育館102教室
対 象 高校生・一般
定 員 200名
申込締切 定員に達し次第、締切ります。
備 考 学園祭が同日開催されます。
詳しくはこちらから(pdf形式でチラシがご覧いただけます)
トップへ
 

申込方法

公開講座のお申し込みは、メール、またはお電話・FAXですることができます。
注意!メールを送る際には、○を半角@に打ち直して送信ください。)

メールでお申し込みの場合は、送信後3日以内に受領確認のメールを返信します。3日以上経過しても通知がない場合は下記連絡先までご連絡ください。

ご不明点等は 川崎医療短期大学 公開講座係 まで、ご連絡ください。


〒701-0194 倉敷市松島316
TEL:086-464-1032 / FAX:086-463-4339
E-mail:koukai○jc.kawasaki-m.ac.jp
   注意!メールを送る際には、宛先の○を半角@に打ち直して送信ください。)

********** メールで申込 ***********

下記の項目を入力して送信してください。

【入力事項】

1:参加希望日
2:申込者氏名
  (団体の場合は代表者の氏名と参加者人数をお知らせください。)
3:氏名(ふりがな)
4:電話番号(手続上の連絡に必要なことがあります。必ずご入力ください。)
5:その他(連絡事項などありましたら、ご入力ください。)

※ご記入いただいた個人情報につきましては、公開講座のみの業務に使用し、それ以外の目的には使用しません。


E-mail: koukai○jc.kawasaki-m.ac.jp
注意!メールを送る際には、宛先の○を半角@に打ち直して送信ください。)

********** 電話・FAXで申込 ***********
受付窓口
川崎医療短期大学 公開講座係
電話・FAX
TEL : 086-464-1032
FAX : 086-463-4339
受付時間
9:00〜16:30(月〜金)
9:00〜12:00(土)
注意事項
◆ FAXでお申し込みの方は、メールでお申し込みの際に必要な上記入力事項をご記入のうえ送信してください。
◆ 電話番号は日中にご連絡できる番号をご記入ください。
トップへ
 
バックナンバー
平成29年度

第1回:食べる楽しみを大切に〜低栄養状態を知り、介護予防につなげよう〜

第2回:突然の心臓発作や心停止!あなたとあなたの大切な人を救うために!

第3回:職場でよくみるメンタルヘルス不調とその対策

平成28年度 第1回:いつまでも健康でいるために
        〜介護予防のために私たちができること〜
第2回:乳がんの発見から治療まで
第3回:発達障がいのある子どもへの支援
        -意味あるやりとりを目指して-
平成27年度 第1回:元気なお口で介護予防
第2回:小さな傷でもよく見える
〜体にやさしく安全な鏡視下手術〜
第3回:身の回りにいる目にみえない微生物の不思議
平成26年度 第1回:美味しくて食べて介護予防
第2回:CT、MRI、PET検査の違いってなんだろう?
−診療放射線技師の役割−
弟3回:皆で楽しむ工作ワークショップ
−1枚の紙から広がる子どもの世界−
医療介護福祉科 主催:認知症ケア講座
認知機能が低下したときの対応
 〜対応次第で、悪化することもある〜
平成25年度 第1回:知って得する介護予防
第2回:からだの不思議
−存在する空間と働き−
弟3回:咳にまつわる都市伝説
平成24年度 第1回:身の回りにある様々な放射線
〜放射線測定を体験してみよう〜
第2回:自立生活を支える介護予防
弟3回:ちょっと気になる子どもへの発達支援
平成23年度 第1回:乳がんについて:予防・診断・治療
第2回:口腔ケアで介護予防
−いつまでも自分らしく、おいしく食べるために−
弟3回:ダイエットと心の健康
平成22年度 第1回:知って得する介護予防
第2回:すべての子どもに保育を〜医療保育とは何か〜
弟3回:がん治療最前線
〜切らなくても治る、副作用の少ない粒子線治療とは〜
平成21年度 第1回:老いをどう支えるのか
第2回:ヒトにやさしい優れモノ〜超音波の医療応用〜
弟3回:性と健康〜自分で選ぶ自分らしさ〜
平成20年度 第1回:花粉症の予防と治療薬
第2回:発達障害児の保育と子育て支援
弟3回:メタボリックシンドローム
〜画像で診るあなたの健康〜
平成19年度 第1回:医療の専門性をもつ保育者の育成と課題
第2回:注目される心機能検査
弟3回:認知症のケアについて−認知症のケアと介護保険−
平成18年度 第1回:子どもの命を守るために−講演と実地研修−
第2回:あなたにもできる応急処置
弟3回:肺に忍びこむ悪もの−アスベストとタバコ−
平成17年度 第1回:救急医療最前線−いのちを救う医療機器−
第2回:病気と臨床検査のかかわり
第3回:高齢者の福祉と医療
−高齢者介護のこれからを考える−
トップへ