臨床検査のエキスパート育成のために

信頼され実践できる臨床検査技師の育成

臨床検査は、現代の医療のためになくてはならないプロセスです。

臨床検査技師は、血液や尿の分析をはじめ、心臓や脳の働きを調べる心電図や脳波、 あるいは超音波検査などの生理機能検査、「がん」などの組織・細胞を顕微鏡を使って 調べる形態検査などを担当しています。

本学科では、チーム医療の一翼を担い、 21世紀の高度医療を支える臨床検査エキスパートの育成をするため、 徹底した基礎学習に加え、川崎医科大学附属病院における臨床実習を1年半にわたり実施しています。

Copyright (C)  Kawasaki College of Allied Health Professions Department of Medical Technology. All Rights Reserved.