臨床検査とは

   医師が病気を診断し治療していくためには、患者様のからだの状態を知らなければなりません。 からだの状態を知るためには、それにまつわる様々なサインを確認していくことが大切です。 この様々なサインを確認するために診察がおこなわれ、それらを確かめるために臨床検査がおこなわれます。

  患者様のからだからでるサインは、様々な形であらわれます。 尿や便、あるいは血液や採取された臓器の一部などです。これらのサインを検査を通して把握し、病気の原因の追求を行うことが 臨床検査の重要な役割となります。臨床検査は病気の診断だけでなく、治療の方針を決める大きな手助けにもなります。 治療経過の確認や重症度の判定、回復の度合いなどにも利用されています。

臨床検査の目的

  検査の最大の目的は、医師の診断を確実にしていくことですが、 病気を見つける(診断)ほかに、治療の方針を決める場合にも大きな手助けとなります。 その他に、治療の経過をみたり、病気が重いか、軽いかを判定したりするためにも利用されます。

臨床検査の種類

   臨床検査は、大きく分けて検体検査と生理機能検査の2種類に分けられます。 検体検査は,患者様から尿、血液、痰、組織などの検体(材料)を採取し、それらを化学的あるいは形態学的に検査するものです。 生理機能検査は、患者様の心臓や脳などの動きを電気的にとらえて波形としてあらわしたり、からだの内部の状態を超音波や磁力線などを利用して画像(Image)にし観察する検査です。 検査の結果は、数値でなく主にグラフや画像としてあらわされるので、画像検査といわれることがあります。

  
【検体検査】
一般検査 尿、糞便などの体液を取り扱うもので、他に胃液・十二指腸液、喀痰、脳脊髄液、及び穿刺液などがあります。
血液検査 細胞成分(赤血球、白血球、血小板)や、血漿成分(細胞成分を除いたもの)についての検査です。
生化学検査(臨床化学検査) 血清などを化学的に分析する検査です。
免疫血清検査 肝炎やリウマチなどの疾患の診断のため、血清中の抗体や補体など調べる検査です。
細菌検査 ある感染症がどんな微生物によって起こるかを調べ、さらに治療に有効な抗生物質の決定を行うための検査です。
病理検査 人体組織の顕微鏡観察標本を作製して病気の原因や良悪性を組織細胞学的に追求する検査です。
輸血検査 血液型検査や輸血用血液が輸血可能か否かなどを調べる検査です。
その他 染色体やDNA検査、血中薬物濃度などがあります。
【生理機能検査】
循環機能検査 心電図や心音図などを記録して「心臓」の機能評価を行う一連の検査です。
呼吸機能検査 肺活量や最大換気量などを記録して「肺」の機能評価を行う一連の検査です。
脳神経筋機能検査 脳波や筋電図などの生体情報を記録して「中枢・末梢神経や筋肉」の機能評価を行う一連の検査です。
超音波検査 ヒトの耳には聞こえない超音波を利用して、肝臓や腎臓・心臓・その他の「身体の中の臓器」を視覚的に観察する検査です。