HOME   >  学科案内   >  医療介護福祉科−ここが違う

医療介護福祉科−ここが違う

Facebookを見る

高齢化社会のエキスパートとして時代のニーズに応える高度な知識・技術を身に付けた介護専門職を育成します。

医療介護福祉科ならではの特色

1.経験豊富な教授陣と多種多様な教育設備で高い専門性を実現

 川崎学園ネットワークの豊富なスタッフと充実した教育環境を活用して医療と介護の連携について学び、医療の知識を備えた介護福祉士を目指すことができます。これまでの高齢者福祉施設だけでなく、チーム医療の一員として病院で働く進路を考えることができます。また、在学中には、川崎医科大学総合医療センターでインターンシップ(就業体験)を体験することができ、病院で働く介護福祉士の役割、カンファレンスへの参加等により、多職種連携について学ぶことができます。

2.進学(ダブルライセンス取得)に有利な条件

 介護福祉士資格に関する学びを元に、福祉系大学に編入することで、介護福祉士+社会福祉士、精神保健福祉士の国家試験受験資格を得られ、相談・援助の仕事をすることができます。編入学を希望する学生には、川崎学園内のネットワークを活用するとともに、積極的に編入学支援を行っています。

3.介護福祉士等就学金貸付事業

 介護福祉士養成校の入学者には、各都道府県から介護福祉士等就学資金貸付事業があります。入学時20万円、卒業時20万円、毎月5万円支給されます。卒業後、各都道府県下で、5年間の介護又は相談業務に従事した場合等により、返還が免除されます。岡山県下はもとより広島県他でも募集があります。