HOME   >  学科案内   >  医療介護福祉科−教育目標

医療介護福祉科−教育目標

医療介護福祉科

教育理念

 高度で複雑な現代の介護ニーズに、科学的根拠にもとづいたサービスを展開できる介護福祉士の育成を目指しています。

教育目標

 これからの一層の高齢社会を見据えて、一人ひとりの要介護者に適合した身体的自立、精神的自立及び社会的自立の支援と、健康な日常生活の保持・改善に必要な援助ができる知識と技術を備えた医療に強い介護専門職の養成を教育の目標としています。

メッセージ

主任写真 <主任:小池 将文>
 国は、認知症等の要介護リスクの高くなる後期高齢者の増大を目前に控え、高齢者が住み慣れた地域の中で自分らしく最後まで暮らし続けられるように、地域医療・地域包括ケアの構築を目指しています。そのためには医療専門職ときめ細かく連携できると同時に医療的ケアに対応できる介護職が不可欠です。
 本学は、その有する医療資源も活用し、講義と実習を通じて介護の技と心、医療の基礎知識と医療的ケアの技術を習得できるカリキュラムを用意しています。医療的ニーズのある要介護者の尊厳を大切にできる心やさしく、医療に強い介護福祉士の育成を図ります。