HOME   >  学科案内   >  医療介護福祉科−実習

医療介護福祉科−実習

医療介護福祉科

実習の特徴

 高齢者や障がい者の介護を実践している施設や事業所における現場実習を通して、学内での講義・演習などで学んだ理論や知識を実際に活用し、利用者との人間的な関わりを深めながら、総合的な介護活動の実践ができる能力を修得します。介護実習は、2年間を通して4回あります。

実習スケジュール

●介護実習I:1年次(10日間)
実習風景1  1週間に2日間1つの施設を実習し、介護福祉士が介護を提供している種々の現場を知り、そこでの利用者とのふれあい体験を通して、コミュニケーション方法を学びます。高齢者入所施設、通所系サービス、グループホーム、障がい者施設で見学実習をします。

●介護実習II:1年次(14日間)
 高齢者入所施設で、施設利用者との人間的かかわりを深めながら、利用者の生活ニーズを理解し、支援方法を判断する力を養います。さらに、学内で学んだ介護技術の基本を、利用者の日常生活で実践できることも目標としています。

●介護実習III:2年次(10日間)
 訪問介護事業所にて、ホームヘルパーと同行しながら在宅で生活する利用者宅を訪問し、在宅生活を支援していきます。
 1週間に1日という本学独自の実習形態を取り入れることによって、気づきを丁寧に振り返り、学内の学びと連動させながら進めていきます。また、延べ2か月という長期に渡って実習することで、利用者の長年培ったなじみの生活環境を観る視点やそこから生活支援を展開する実践力を養っています。さらには、ケアマネジメントの視点からケアプランに基づく居宅サービスの実際や他職種連携を学びます。

●介護実習IV:2年次(23日間)
 高齢者入所施設で実習します。個別ケアを行うために、1人の利用者を担当して個別の介護計画の立案と実践・評価をします。また、利用者の状況に応じた専門的な介護技術を習得し、実践力も身につけます。