HOME   >  学科案内   >  臨床検査科−教育目標

臨床検査科−教育目標

臨床検査科

教育理念

 教育力の向上・設備の改善によって、学生と社会がともに満足できる教育の提供と、高度化する現代医療が求めている検査法・検査サービスの多様性に応じて、病院・保健・福祉のさまざまな分野に広がっている臨床検査技師の活躍の場で、卒業生一人ひとりが能力を発揮できるような教育を目指しています。

教育目標

 高度に発達しつつある臨床検査技術と専門知識を修得し、卒業後直ちにチーム医療の一員として現場で活躍できる臨床検査技師を育成し、そのために学生の個性を活かしつつ、さまざまな臨床検査領域を担当できる技能を備え、患者さんへの正しい接遇マナーを身につけた信頼できる人材の養成を目標としています。

メッセージ

主任写真 <主任:通山 薫>
 ひとつの血液の分析が、新たな病気の存在を告げることがあります。病気の成り立ちの解明とその発見に科学技術が応用されている現代医療にあっては、臨床検査の重要性はいまさらいうまでもありません。
 本学科では、血液や尿の分析をはじめ、心臓や脳の働きを調べる心電図や脳波、あるいは超音波検査などの生理機能検査、「がん」などの組織・細胞を顕微鏡を使って調べる形態検査などを担う臨床検査技師を育成するために、徹底した基礎学習に加えて、川崎医科大学附属病院および川崎医科大学総合医療センターでの臨床実習を1年半にわたり実施します。医師や患者さんから信頼され、高度かつ安全・安心できる医療を支える臨床検査エキスパートの育成をめざしています。