HOME   >  学科案内   >  臨床検査科−カリキュラム

臨床検査科−カリキュラム

臨床検査科

カリキュラム

 本学科では、現代医療の多様化により病院・保健・福祉のさまざまな分野に広がっている臨床検査技師の活躍の場で、卒業生一人ひとりが能力を発揮できるような教育を目指しています。そのために、個々の学生の特性を活かしつつ、社会からの多様な検査ニーズに応え得る「多能力型技師」の育成に努めています。

区分 科目名



数学I
数学II
物理学I
物理学II
化学I
化学II
化学III
化学IV
生物学I
生物学II
基礎科学演習I
基礎科学実験I
保健医療福祉概論
倫理学
文章表現
日本語
心理学
経済学
健康体育I
英語I
英語II
英語III





解剖組織学
解剖生理学
解剖組織学実習
免疫のしくみ
分子生物学
生化学
生化学実習
医学概論
病理学総論
病理学各論
医学検査学総論
医学検査学各論
臨床検査関係法規
医療福祉学概論
チーム医療概論
公衆衛生学
公衆衛生学実習
医療統計学
情報科学概論
情報科学実習
医療工学概論
医療工学演習



臨床病態学総論
臨床病態学各論I
臨床病態学各論II
臨床病態学演習I
臨床病態学演習II
血液検査学
血液検査学実習I
血液検査学実習II
臨床血液学
病理検査学
病理検査学実習I
病理検査学実習II
一般検査学
一般検査学実習I
一般検査学実習II
臨床化学I
臨床化学II
臨床化学演習
臨床化学実習I
臨床化学実習II
臨床化学実習III
免疫・輸血検査学I
免疫・輸血検査学II
免疫・輸血検査学実習I
免疫・輸血検査学実習II
医動物学
医動物学実習
微生物検査学
微生物検査学実習
臨床微生物学
臨床微生物学実習I
臨床微生物学実習II
生理機能検査学I
生理機能検査学II
生理機能検査学III
生理機能検査学実習I
生理機能検査学実習II
生理機能検査学実習III
生理機能検査学実習IV
検査機器総論
検査総合管理学I
検査総合管理学II
検査総合管理学実習
検査情報解析学
検査総合演習
医療安全管理学
臨地実習I
臨地実習II

1年次 学びのポイント

基礎学力をつけながら意欲をかきたてる
 検査技術学の授業では、パソコンを利用して、各自に与えられた課題を調べ、その結果を皆の前で発表・討議する方法を用いています。このようにして臨床検査のおおまかな「姿と意義」を理解し、勉学の意欲をかきたてる動機づけとします。

2年次 学びのポイント

基本的な技術を身につけ実習に備える
 効果的な病院実習ができるように、基本的な技術と基礎的な知識を徹底指導する授業を行います。心電図・超音波・脳波・血液・尿・化学・輸血・遺伝子など、必要に応じて高性能の検査機器を用いて、実効性の高い実習を行います。

3年次 学びのポイント

学んできた知識・技術をさらに臨床現場で発展させていく
 2年後期からは、川崎医科大学附属病院を中心に「高水準の臨床実習と特別講義を織り交ぜた統合授業」と「小グループによる病院実習」、卒業研究に相当する臨地実習では「優秀な先輩技師や講師陣によるマンツーマン方式の研究的実習の指導」を行います。

講義紹介

臨床検査科ならではの、こんな授業

「生理機能検査学」
 ヒトの身体に直接医療機器を装着する検査法、例えば、心電図などの循環機能検査法、血液ガスなどの呼吸機能検査、脳波などの神経筋機能検査、超音波などの画像診断検査について、測定原理・検査方法・注意点等の基礎的事項と臨床的意義を学習します。現代医療において、直接的に身体の機能や形態を把握することが、的確な治療につながり、尊い生命を救うために大きな役割を果たすことになります。