HOME   >  学科案内   >  医療保育科−教育目標

医療保育科−教育目標

医療保育科

教育理念

 保育に関する基礎知識、技能、態度を徹底的に修得し、それを核に、医療に関する専門性を高める学習を行います。具体的な学習としては、「なすことによって学ぶ(Learning by doing)」を基本理念に、学内での演習、保育現場での実習を重視した実践的なカリキュラムに基づき展開されます。

教育目標

 医療に関する専門性が必要となるあらゆる保育の現場で、人間的な優しさをベースとした質の高い保育を提供できる実践的な保育者を育成し、そのために、「保育の基礎知識」と「小児医療の基礎知識」、「保育の基礎技能」と「病気や障害への対処技能」をそれぞれ両輪とする教育の実践を目標としています。

メッセージ

主任写真 <主任:寺田 喜平>
 最近、我が国では社会情勢の変化にともなって、保育に求められるニーズが著しく多様化してきました。保育現場においては、とくに医療的ニーズを必要とする乳幼児への対応の遅れが問題となっており、病児および発達障害児への専門性の高い保育士が求められています。
 本学科では、川崎学園のもつ優れた教育環境と施設を活用して、急性、慢性の疾病のある病児並びに発達障害児について、病状の的確な判断と適切な対応のできる医療知識を具えた専門性の高い保育士の養成をめざしています。