HOME   >  学科案内   >  医療保育科−カリキュラム

医療保育科−カリキュラム

医療保育科

カリキュラム

 医療保育科は、医療に関する専門性が必要となるあらゆる保育場面において、人間的な優しさをベースとした質の高い保育を提供できる、実践的な保育者の養成を目標にしています。その目標を達成するために、まず、保育に関する基礎知識、技能、態度を徹底的に修得し、それを核に、医療に関する専門性を高める学習を行います。具体的な学習としては、「なすことによって学ぶ(Learning by doing)」を基本理念に、学内での演習、保育現場での実習を重視した実践的なカリキュラムを編成しています。

区分 科目名



保健医療福祉概論
倫理学
文章表現
日本語
心理学
日本国憲法
情報処理I
情報処理II
生物学I
健康科学
健康体育I
英語I
英語II





保育原理
教育原理
児童家庭福祉
社会福祉
相談援助
社会的養護
教師論
教育行政学
医療保育総論
小児医療入門
保育の心理学
子どもの保健I
子どもの保健II
子どもの保健III
子どもの食と栄養I
子どもの食と栄養II
家庭支援論
発達心理学
教育心理学
人体の構造と機能
感染と防御
小児病学
小児と薬
小児心療医学
保育内容総論
子どもと人間関係
子どもと環境
子どもと健康
子どもと言葉
子どもと表現I
子どもと表現II
子どもと表現III
子どもと遊び
乳児保育I
乳児保育II
障害児保育I
障害児保育II
社会的養護内容
保育相談支援
教育課程論
教育方法論
教育相談
発達検査法
小児看護
小児救急処置法
医療保育特論
病児保育I
病児保育II
発達障害児保育I
発達障害児保育II
音楽I
音楽II
音楽III
音楽IV
図画工作I
図画工作II
幼児体育I
幼児体育II
総合表現I
総合表現II
幼児と国語
保育実習I(保育所)
保育実習I(施設)
保育実習指導IA
保育実習指導IB
保育実習II
保育実習指導II
保育実習III
保育実習指導III
教育実習
教育実習指導
小児病棟保育実習
小児病棟保育実習指導
発達障害児保育実習
発達障害児保育実習指導
教職実践演習(幼免)
医療保育研究

1年次 学びのポイント

保育の基礎を徹底的に学ぶ
 週1回のピアノ個人レッスンをはじめ、保育の基礎的な知識・技能をしっかりと固めます。

2年次 学びのポイント

医療や発達障害に関する学習を深める
 保育の学習に加え、医療や発達障害に関する科目が増加し、医療と保育を融合する学習を行います。

3年次 学びのポイント

実習、ゼミナールの重視
 病児保育コースおよび発達障害児保育コースに分かれ、医療保育の学習のまとめを行います。

講義紹介

医療保育科ならではの、こんな授業

「小児医療入門」(2年次)
 この「小児医療入門」は、まさに医療保育科に特徴的な科目です。医療の学習のスタートとなる授業です。川崎医大附属病院の小児科医でもある教員が、豊富な臨床経験を踏まえ、分かりやすく医療の基礎知識を教授します。
 具体的には、小児の代表的な疾病、生活習慣病、感染症、先天性疾患、難病などについて講義し、医療の学習の入門と基礎固めを行います。