HOME   >  学科案内   >  看護科−教育目標

看護科−教育目標

看護科

教育理念

人間性豊かな知性と感性を育み、健全な心身と倫理観を備えた看護専門職者を養成し、科学的根拠に基づいた洞察力を培い、創造的に看護を実践し、社会に寄与できる人材の育成を目指します。

教育目標

看護についての充実した基礎学力を身につけ、さらに社会の状況や疾病構造の変化、医療の進歩などに幅広く対応できる人材を育成し、そのために、自らの人間性を高め、あらゆる文化的、社会的背景にある人々を尊重しながら、看護を実践できる能力と主体的に看護を探求する能力を備え、常に第一線で活躍できる看護師の養成を目指しています。

メッセージ

主任写真 <主任:登喜 玲子>
 人々の健康を守るために、社会のニーズに応えられる質の高い看護師の育成に力を注いでいます。そのため、川崎学園の関連施設をはじめ地域の看護の場と密接な連携のもとに臨地実習を展開しています。実習では各教員が情熱をもって指導に当たり、学生と心の通い合う、きめ細かい教育をしています。
 国際化のなかにあって、相手の価値観を尊重できる豊かな人間性を育てるとともに、尊い人間の生命を守ることができる深い専門的知識と技術に根ざした看護を提供できる人材の養成を目指しています。