HOME   >  学科案内   >  看護科−カリキュラム

看護科−カリキュラム

看護科

カリキュラム

本学科でもっとも力を注いでいる点は、学内で学んだことを概念として修得するだけでなく、臨地実習で具体的に実践できる応用能力を養うことです。そのために3年次の臨地実習は、川崎医科大学附属病院・川崎医科大学総合医療センターをはじめ、実績のある他施設や、地域に根ざした訪問看護ステーションなどで幅広く行っています。
また看護の実践者としては、国家資格が必要であり、看護師国家試験に合格することは不可欠です。そのため、学科ではカリキュラムを充実させ、国家試験の受験に備えています。さらに、4年制大学への編入学を視野に入れた基礎分野の選択科目もあります。進路等の相談には経験豊かな教員がきめ細かく指導を行うなど、将来に向けて配慮しています。

区分 科目名



数学I
統計学
情報処理I
物理学II
化学I
生物学I
保健医療福祉概論
倫理学
文章表現
日本語
心理学
人間関係論
社会学II
法学
健康体育I
英語I
英語II
英語III





人体の構造I
人体の構造II
人体の機能I
人体の機能II
運動生理学
生化学
臨床栄養学
臨床薬理学
病理学総論
臨床微生物学総論
臨床医学内科I
臨床医学内科II
臨床医学内科III
臨床医学外科I
臨床医学外科II
臨床医学外科III
臨床検査学総論
臨床放射線学総論
医学概論
健康科学概論
衛生公衆衛生学
看護関係法規
社会福祉学総論
医療ソーシャルワーク論




I
看護学概論
看護キャリア論
看護技術共通I
看護技術共通II
看護技術生活援助I
看護技術生活援助II
看護技術生活援助III
看護技術診療援助
臨床看護技術I
臨床看護技術II
看護過程論I
基礎看護学実習I
基礎看護学実習II




II
成人看護学概論
成人看護I
成人看護II
成人看護III
成人看護IV
成人看護V
成人看護VI
老年看護学概論
老年看護I
老年看護II
老年看護III
小児看護学概論
小児看護I
小児看護II
小児看護III
母性看護学概論
母性看護I
母性看護II
母性看護III
精神看護学概論
精神看護I
精神看護II
精神看護III
成人看護学実習I
成人看護学実習II
老年看護学実習
小児看護学実習
母性看護学実習
精神看護学実習



在宅看護概論
在宅看護I
在宅看護II
在宅看護III
看護研究概論
看護研究
看護管理と災害看護
看護過程論II
生と死の看護論
在宅看護論実習
看護の統合と実践実習

1年次 学びのポイント

看護学についての基礎を固める
医療人としての教養を身につけ、医学の基礎を学ぶために、基礎・専門基礎科目の充実を図っています。また専門職としての看護を学んでいくための看護の基礎科目を学習します。

2年次 学びのポイント

実践的に思考するための豊富な演習
専門分野の科目を中心に、人として最適な健康を保つための援助を、個々のレベルで考えることができる能力を演習をしながら養います。

3年次 学びのポイント

具体的に実践できる応用能力を養うための臨地実習
川崎医科大学附属病院・川崎医科大学総合医療センターをはじめ、実績のある他施設や地域に根ざした訪問看護ステーションなどで幅広く実習を行います。また講義をした教員による実習指導を行い講義で学んだことが実践できる実習形態を取り入れています。

講義紹介

看護科ならではの、こんな授業

「看護キャリア論」(1年次)
将来、自分はどのような人生を歩みたいのか、そのために在学中に何をすべきかを考える授業です。自分の人生の一部として看護職を選ぼうとしているが、「それはどのような職業なのか」「どのような活躍の場があるのか」詳しく看護の専門的仕事の内容を理解して、将来自分はどんな看護師を目指すのかを探求します。