HOME   >  学科案内   >  看護科−学生メッセージ

看護科−学生メッセージ

看護科

学生メッセージ

看護科学生_写真

患者さんにもご家族にも寄り添える看護師に
赤木美紗 岡山県出身

 幼い頃、病気になり病院で不安そうにしていた私に、看護師さんが笑顔で声を掛けてくださったことがきっかけで、看護師さんの優しさに触れました。同時に患者と家族にとってどれだけ身近で大きな存在なのかを実感し、看護の道に進みたいと思いました。本学に入学してからは、学年が上がるにつれてより専門的な知識や技術を学び、看護師という目標に一歩一歩近づいていることを実感しています。実習や課題、試験など大変なことも、同じ目標をもつ仲間たちと支えあいながら乗り越え、やりがいのある充実した学生生活を送っています。これから多くの患者さんと関わる中で、自分自身が行う看護についてより深く考え、患者さんだけでなく家族の方にも寄り添える看護師を目指します。

理想の看護師像を目指して
永井花歩 兵庫県出身

 私が小学生の頃に母が倒れたことがきっかけで、病院にお見舞いに行くことがよくありました。その時の看護師さんが、母の容体だけではなく私たち家族のことまでいつも気にかけてくれる姿を間近で見て感動し、この仕事に就きたいと思い看護の道を選びました。入学して早1年が経ちますが、たくさんの講義を受けて、知識が少しずつ増えるたび、看護の勉強には終わりがないことを感じています。勉強や実習などでとても忙しいですが、楽しいことも困難なことも友人たちと共有し、また先生方にも助けられながら過ごす学生生活はとても充実しています。この先これまで以上に大変なことに出会うと思います。それでもくじけることなく、自分の描く理想の看護師像に近づけるように努力を惜しまず勉強を続けていきます。