HOME   >  学科案内   >  放射線技術科−教育目標

放射線技術科−教育目標

放射線技術科

教育理念

 現代医療になくてはならない医用画像検査や放射線治療分野において、診療放射線技師は、医療チームの一員として重要な役割を果たしています。建学の理念に基づき、心身ともに健康で、医療の第一線で活躍できる、深い専門的知識・技術と豊かな人間性を持った診療放射線技師の養成を目指します。

教育目標

 高度医療になくてはならない医用画像検査や放射線治療の現場で、使命感に溢れ活躍できる診療放射線技師の育成を目的としています。そのために、新しい医療技術の進歩に対応できる基礎学力と生涯にわたる継続的学習能力と習慣を身につけ、実践的知識・技術と人間尊重・患者様優先の精神を備えた診療放射線技師を育成します。

メッセージ

主任写真 <主任:伊東 克能>
 今日の高度先進医療において、放射線診療は、適切な診断・治療を進めていく上で、必要不可欠なものとなっていますが、その中で、診療放射線技師は、単純X線検査からCT・MRI検査、interventional Radiology (IVR)を含めた血管造影検査、PET・核医学検査、放射線治療など、多岐にわたる診療・画像情報を正確に伝える役目を担っています。また近年では3次元画像や多断面画像による多方向からの人体内部構造の観察が必要とされ、また特定の臓器や疾患を対象としそれらの病理・病態・機能・代謝の違いを画像化することも必要となっています。
 本学科では、このような要望に応えるため、各分野に精通した教員を配置し、最先端の知識や技術を習得することを目指しています。また川崎医科大学附属病院との緊密な連携のもと、充実した臨床実習が可能で、チーム医療に必要なコミュニケーション能力や自己解決能力の養成に努めています。また短期間で効率よく学べるようカリキュラムを工夫し、次世代を担う使命感に溢れた医療のスペシャリストとしての診療放射線技師育成を目標としています。