HOME   >  学科案内   >  放射線技術科−資格・国家試験

放射線技術科−資格・国家試験

放射線技術科

取得可能資格

その他関連資格

在学中に取得可能な主な免許・資格

卒業後に取得可能な主な免許・資格

資格情報

診療放射線技師国家試験受験資格
取得方法
卒業により国家試験受験資格を得て、国家試験に合格することにより、資格を取得することができる。
資格内容
医師の指示のもとに、撮影などの検査や治療目的で人体に対して放射線を照射するための資格である。
PageUp
第一種・第二種・第三種放射線取扱主任者
取得方法
本学科の教育課程を履修することで必要な知識を得て国家試験に合格することにより、資格を取得することができる。
資格内容
放射性同位元素あるいは放射線発生装置を取り扱う場合に、放射線業務従事者や一般公衆等に対して放射線障害が起こらないよう監督するための資格である。
PageUp
核燃料物質取扱主任者
取得方法
本学科の教育課程を履修することで必要な知識を得て国家試験に合格することにより、資格を取得することができる。
資格内容
核燃料物質の加工および使用済み核燃料の再処理において、その取り扱いや管理等に関する監督・保安業務を行うための資格である。
PageUp
ガンマ線透過写真撮影作業主任者
取得方法
在学中に国家試験受験可能。診療放射線技師免許を取得後は、申請によって資格を取得することができる。
資格内容
ガンマ線照射装置を使用する工業製品の内部調査などの透過写真撮影の作業における安全の指導および保安などの監督を行うための資格である。
PageUp
エックス線作業主任者
取得方法
在学中に国家試験受験可能。診療放射線技師免許を取得後は、申請によって資格を取得することができる。
資格内容
X線発生装置を使用する作業における安全の指導および保安などの監督を行うための資格である。
PageUp
放射線関連機器管理士
取得方法
日本放射線技師会の生涯学習システムでアドバンスド技師資格を取得後、講習会を受講し受験資格を得て認定試験に合格することにより、資格を取得することができる。
資格内容
良質かつ適切な医療サービスの向上に努め、放射線関連機器の性能維持と安全性を確保するための資格である。
PageUp
放射線管理士
取得方法
日本放射線技師会の生涯学習システムでアドバンスド技師資格を取得後、講習会を受講し受験資格を得て認定試験に合格することにより、資格を取得することができる。
資格内容
放射線安全管理と、放射線被ばくの安全確保に努め、放射線防御はもちろん、医療以外においても線量計測、除染、災害時対応に当たるための資格である。
PageUp
医用画像情報管理士
取得方法
日本放射線技師会の生涯学習システムでアドバンスド技師資格を取得後、講習会を受講し受験資格を得て認定試験に合格することにより、資格を取得することができる。
資格内容
デジタル画像と情報通信を安全に運用し、より良い医療を国民に提供するための資格である。
PageUp
超音波検査士
取得方法
診療放射線技師免許を取得後、日本超音波医学会に3年以上の在籍で受験資格を得て、認定試験に合格することにより、資格を取得することができる。
資格内容
超音波検査の優れた技能を有し、超音波医学並びに医療の向上を図り、国民の福祉に貢献するための資格である。
PageUp
胃がん検診専門技師
取得方法
診療放射線技師免許を取得後、実務経験3年以上を経て、日本消化器がん検診学会に 3年以上在籍で受験資格を得て、認定試験に合格することにより、資格を所得することができる。
資格内容
消化器がん検診におけるエックス線検査において適正かつ十分な学識経験を有し、消化器がん検診を分担・推進できる者であることを学会が公認するものである。
PageUp
検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師
取得方法
診療放射線技師免許を取得後、講習会を受講し、試験に合格することで資格を取得することができる。
資格内容
検診マンモグラフィ撮影において十分な知識と技術を有する者であることを精度管理中央委員会が公認するものである。
PageUp
放射線検査および治療技能検定(臨床技術能力検定)
取得方法
日本放射線技師会の生涯学習システムでアドバンスド技師資格取得により受験資格を得ることができる。
資格内容
診療放射線技師職としての資質と診療における技術の習熟度レベルを備えているかを問う。
PageUp
放射線治療専門放射線技師
取得方法
放射線治療実務経験5年以上と、過去5年間の学術・研修活動実績により受験資格を得て、認定試験に合格することにより、資格を取得することができる。
資格内容
放射線治療の知識と技術を有し、確実かつ適切な照射と高度な放射線計測を実行でき、機器の品質保証・管理を行い、医療の安全性を確保するための資格である。
PageUp
血管診療技師
取得方法
実務経験3 年以上、所定の講習会受講で受験資格を得て、認定試験に合格することにより、資格を取得することができる。
資格内容
血管疾患の病態全般に関する基礎知識、および血管疾患診療に関する専門知識と実技技術を有し、脈管疾患領域の治療に関わるための資格である。
PageUp
磁気共鳴(MR)専門技術者
取得方法
2年以上関連学会に所属、学術活動実績・精度管理実績・安全管理実績を持ち、所定の講習会受講により受験資格を得ることができる。
資格内容
解剖学的・臨床医学的知識とMR検査の技術を有し、装置性能を最高度に発揮させ、医療の安全性を確保し、地域活性化のために教育・指導を行うための資格である。
PageUp
核医学専門技師
取得方法
3年以上関連学会に所属し、核医学検査実務経験3年以上と、10年間の学術・研修活動実績により受験資格を得ることができる。
資格内容
核医学検査の知識と技術を有し、診断に役立つ医療情報を提供し、機器の品質保証・管理を行い、医療の安全性を確保するための資格である。
PageUp
医学物理士
取得方法
診療放射線技師免許を取得後、臨床経験5年以上により受験資格を得て、認定試験に合格することにより、資格を取得することができる。
資格内容
放射線医学の物理的・技術的課題の遂行に先導的役割を担う。具体的には、装置の導入、施設設計、機器の維持管理・品質管理(QA)、治療計画立案、線量計算、治療管理、新技術開発を行う。
PageUp