HOME   >  学科案内   >  放射線技術科−学生メッセージ

放射線技術科−学生メッセージ

放射線技術科

学生メッセージ

放射線技術科学生_写真

医療現場で得た知識と経験が大切
榎本 裕文 岡山県出身

 この学科では2年後期から3年前期までの長期間の臨床実習があります。臨床実習では、学校で学ぶこと以外に、医療の現場でしか学ぶことのできない知識を身につけることができます。それは患者さんに対する接し方やコミュニケーションなどです。検査には、患者さんの理解と協力を必要とするものがあるので、技師の分かりやすい説明やコミュニケーション能力はとても重要なことです。これらの知識や経験を将来の仕事に活かせるように日々努力しています。また、4年制大学への編入試験については、対策講座が開講されています。過去の試験資料も手に入りやすく、意欲的に取り組むことができます。実習や日頃の勉強で両立することは大変かもしれませんがしっかりとサポートしてもらえます。

同じ目標の友達と先生に支えられながら
岩鼻 早紀 岩手県出身

 昔からの医療系の仕事に携わりたいという気持ちと、診療放射線技師に対する興味から放射線技術科に進学しました。3年制ですが、内容の濃い授業や長期間の臨床実習があり、放射線の基礎から臨床で必要となる実践的な内容まで幅広く勉強しています。授業や実習を通して、入学当初より放射線に関する勉強の楽しさを覚えるのと同時に、診療放射線技師になりたいという気持ちも強くなっています。診療放射線技師の資格の取得が一番の目標ですが、在学中に放射線取扱主任者の資格を取得することもでき、常に高いモチベーションを維持しながら勉強に励むことができます。忙しいと感じることもありますが、目標を同じにする友人たちや先生方に支えられながら充実した日々を送っています。