看護部案内・センター病棟紹介

6階西 ICU・CCU

こんな看護をしています

ICU・CCUの看護体制は2:1で集中治療を必要とする患者さんにプライマリーナーシングを提供しています。ICUには心臓・大血管・脳疾患・消化管などの侵襲の大きい手術後の全身管理と敗血症・呼吸不全・血液疾患をはじめとするさまざまな疾患患者さんが、CCUには虚血性心疾患急性期・重症心不全・大動脈解離などの集中治療を要する重症心疾患患者さんが入室します。また、リカバリールームを有しており、全身麻酔後の呼吸・循環管理を行い、一般病棟へ帰室できるようケアを行っています。治療が優先される部門ではありますが重篤な患者さんやそれを支えるご家族の不安を和らげ、社会復帰につながるように医療チームとして多くの専門家が結集し医療を提供しています。


新人看護師の声

私は、実習で2日間しか経験していないICU・CCUに配属が決まり、やっていけるだろうかと不安な気持ちで一杯でした。朝の申し送りの時に飛び交う専門用語は、ほとんど解らずここは外国?と本気で思いました。体験したことのない看護技術に、初めは、なかなか手を出すことができませんでした。そんな時、「できることを少しずつ増やしていったらいいのよ。あなたがいてくれて本当に助かるのよ。」という言葉をかけてもらって、できないことに落ち込むのではなく、できることに目を向けて積極的にしていくように心がけることができました。

ICUでは、予測できない事態が次々に起こり、戸惑う私にプリセプターの先輩は、緊急な状況でも分かりやすく指導してくれました。そんな先輩の姿を見て、私もプリセプターの先輩のような素敵な看護師になりたいという目標ができ、毎日刺激を受けながら頑張っています。


看護学生へメッセージ

ICU・CCUは、厳重なモニター管理、沢山のME機器に囲まれ一般病棟とは少し違う雰囲気です。

そんな環境にいるだけで緊張の連続だと思いますが、一つでも多くのことを吸収してもらえるように力になりたいと思っています。患者さんは挿管されていることが殆どです。話すことのできない患者さんの小さな変化を捉えなければ、大変な事態を引き起こすかもしれません。素敵な感性、新鮮な目を持った人達と共に学び、一緒に仕事ができるのを楽しみにしています。