看護部案内・センター病棟紹介

11階南 精神科病棟

こんな看護をしています

精神疾患のために日常生活を送ることが困難な患者さんが、治療に専念できるように、ゆったりとした時間と静かな環境を提供しています。心身ともに休養してもらいながら、患者さんの不安な気持ちに寄り添い、回復の過程を見守りながら感情を表出できる温かい環境の提供と「精神保健福祉法」の基づいた医療、看護の提供をしています。

医師、看護師だけでなく、精神科作業療法士、臨床心理士、ソーシャルワーカー、管理栄養士、薬剤師などと協力し、カンファレンスを通じて精神疾患から生じる生活困難感さに目を向けて退院後の生活を見据えた関わりを実践しています。


新人看護師の声

私は看護師を目指した時から精神看護に興味があり、希望で11階南病棟に配属になりました。県外から就職してきた私はいろんなことが不安で、戸惑うことばかりでした。しかし先輩方は細やかなところまで気を配って指導してくださり、1年で多くのことを学ぶことができました。他部署と違い小規模で比較的ゆったりとした雰囲気で仕事をしています。人数が少ない分、看護師だけでなく、様々な職種と連携し合って看護を進めていけるところもこの病棟の魅力だと思います。患者さんと関わることで成長していけるこの病棟で、自分の看護を見つけられるよう日々頑張りたいと思っています。


看護学生へメッセージ

看護師を目指して頑張っている皆さん、勉強に実習に大変な毎日を送られていることと思います。皆さんの一生懸命な姿を見て、私たちにもそんな時期があったことを思います。皆さんの一生懸命な姿を見て、私たちにもそんな時期があったことを思い出します。当病棟ではPNSを取り入れています。ペアで協力し、相談しながら日々の業務を行い、お互いが成長できるように頑張っています。患者さんが元気になり、笑顔になっていただけるようにチームで「患者さんにとって何が一番大切であるか。」を考えながら看護を行っています。患者さんを看る喜びを感じながら一緒に働きませんか。