看護部案内・センター病棟紹介

12階中 小児・女性医療センター病棟

こんな看護をしています

12階中病棟に入院されている患者さんは、すべて女性です。私たちは、常に細やかな心配りを大切にするといった気持ちで看護にあたっています。

産科では、正常からハイリスクレベルの妊娠・分娩・産褥まで、すべてに対応できる看護を行っています。そして、「お母さんと赤ちゃんに優しい育児支援」を目指して取り組んでいます。また、和痛分娩、双胎間輸血症候群など特に専門性の高い看護を行っています。

その他の科では、化学療法・放射線療法・ペインコントロール・教育指導など、患者さんと対話しながら社会復帰するための看護支援を行っています。特に治療中の患者さんの身体症状やストレス・悩み・不安が表出できるような雰囲気づくりをしています。


専門外来(助産外来)

助産外来は正常経過の妊婦健康診査や、退院後の母乳育児相談について毎週水曜日に予約制で行っています。助産師が交代で担当し、超音波検査や乳房マッサージに加え、医師と協力して個別性のあるアドバイスで患者さんに安心を提供しています。年間200名近い妊婦さんが利用し、「退院後の細かな育児に対する不安が軽減した」など温かい意見も多くいただいています。ベビー・ご家族・私たち皆で新しい命の誕生とお子さんの成長を支えていきます。