看護部案内・センター病棟紹介

13階中 皮膚・運動器センター病棟、放射線科病棟

こんな看護をしています

13階中病棟は、整形外科・形成外科・皮膚科・放射線科の疾病を持つ、小児から老年期の患者さんを受け入れています。手術や処置・放射線治療などを受けて、自宅や次の病院・施設に退院・転院されるまでに、必要な日常生活の援助やスキンケア・創傷の処置に対する援助を中心に患者さんとそのご家族の協力と理解を得ながら行っています。

特に、褥瘡の予防と処置・ケアには、医師や認定看護師・栄養士・理学療法士などと協力してかかわっています。適切な体圧分散寝具の使用とポジショニング・スキンケアには高い意識と、アルゴリズムを用いた共通の認識の基に援助できるように努力しています。非常にマンパワーを必要としますが、看護スタッフ全員が協力できる環境が整っています。患者さんの「ありがとう」の一言と、治癒して退院される患者さんの笑顔が私たちのエネルギーとなり日々の看護の源となっています。


新人看護師の声

13階中病棟のいいところ

  • 団結力がある・スタッフ同士仲がよい。
  • 分からないことや、未経験の処置など、先輩が分かりやすく指導してくれ、ケアも一緒に協力してくれる。
  • プリセプターはもちろん、それ以外の先輩も精神的なフォローをしてくれる。
  • 看護の見本のように、患者さんに対して丁寧に接している。

看護学生へメッセージ

13階中病棟では、主に老年期の患者さんを対象に学んでいただいています。

手術前後の急性期から回復・リハビリ期における看護の役割・かかわり方などを、看護師と共に臨地の場でこそ体験できる実習環境を提供しています。皆さんが実習に来てくださると細やかな看護ケアが可能になり、体位変換や車椅子への乗車介助など、患者さんに大変喜ばれています。また、看護師だけではできない散歩などは、患者さんは皆さんを心待ちにされています。時には皆さんの情報提供により、看護方針を修正したり効果的なかかわりが持てる場合があり、私たちの学びにもなっています。

将来、皆さんと共に働く機会があれば嬉しいです。