看護部案内

新人支援体制

成長と共に看護の素晴らしさを実感してもらいたい

川崎医科大学附属病院では、看護師それぞれの個性を重視し、一人ひとりに対応した新人教育を実践しています。感性豊かで、自己教育能力を備えた看護師になるために、あらゆるサポートをします。また、実践能力が高められるよう、様々な学習の機会を提供し、着実なステップアップを図ります。

新人支援体制
1.プリセプターによる支援

先輩看護師がマンツーマンで支援します。

2.充実した新人教育プログラム

系統的に目標設定したプログラムに沿って看護技術を身に付けます。

3.教育制度

病棟ごとの勉強会、院内外での講習等、成長の機会を豊富に用意しています。

主な教育制度
病棟教育

医学知識の基礎から疾患ごとの症例まで、
各病棟で個別に勉強会を行っています

病棟ごとに勉強会が盛んに行われています。ドクターが講義をしてくれますから、よく分からない点や疑問点をクリアにすることができます。また、看護師への要望をきちんとドクターが伝えてくださるので、チームとして医療に当たっているという一体感も感じられますね。ここには、常に勉強していく機会を与えてくれる最良の環境があります。みんなで一緒に勉強し、一緒に成長していきましょう。


リエゾンナース相談室

リエゾンナースは、看護職員自身が専門職として成長していくために、精神的心理的な支援を行います。

機能
  1. 看護職員が、精神的心理的に問題を抱えたとき、相談、カウンセリングを行います。
  2. 看護職員が、精神的心理的に疲れたときに安心と癒しが得られるように援助します。
  3. 看護職員が、精神的心理的な困難に陥らないように、予防的な支援を行います。
  4. 看護職員が、生き生きとした職業生活が送れるように支援します。
相談方法
  • 日時:毎月予定表を配布してお知らせします。
  • 場所:11階東  リエゾン相談室
  • 連絡方法:内線11457  パナコール075

お独りでも、また友達と一緒でも結構です。昼休みでも、いつでも気軽にお越しください。

リエゾンナースには守秘義務があり、個人のプライバシーを守ります。