ようこそ

川崎医科大学附属病院 臨床腫瘍科へ

 
 
 

当科のモットーは、「おもいやり」と「学究心」と「自信」です。

「医療は患者さんのためにあり」、患者さんとご家族の立場になって、思いやりある治療を提供することを基本方針にしています。そのために、わかっていること・いないこと、できること・できないこと、皆さまがお知りになりたい正しい医学的専門知識を常に勉強し、マスターし、わかりやすくご説明して、選択肢を提示させていただきます。

ご自分のため、ご家族のため、皆さまの価値観・人生観からベストの治療法を選んでください。責任持って、サポートさせていただきます。もちろん、おまかせであればそのように、自信を持って診療させていただきます。診療は看護師、薬剤師、心理士、ソーシャルワーカーとのチーム医療で行います。また、地域の病院や診療所との連携も充実しておりますのでご安心ください。

具体的には、
・がんに対する標準化学療法を安全に正確にご提供いたします。

・正確かつ詳細なセカンドオピニオンをご提供いたします。

・標準化学療法の終了した方には、免疫療法など新規開発的治療をご提供いたします。

・心温かい緩和ケアをもれなくご提供いたします。

・われわれが皆さまの代わりにご病気を心配し、皆さまとともにがんと闘います。

・皆さまと「がんを知り、がんと向き合い、がんに負けることのない社会の実現」を目指します。

がん治療の三本柱は手術、放射線治療および化学療法で、外科系医師を中心に診療科別に治療決定がなされてまいりました。進行がん病態は複雑で、既存の診療科の専門性を越えた病気の理解と対処が求められる場合があります。また、難治がんに対する新規治療開発やがん患者さんの心身に対するケアも重要です。臨床腫瘍科は、既存の診療科との円滑な連携のもと、そのインターフェースとなって、がん患者さんの複雑な病態に対処いたします。がんに対する標準的化学療法や開発的化学療法、セカンドオピニオン、緩和ケア、開発的がん免疫療法などを実施いたします。

公式ホームページはこちらをご覧ください。

当科のモットー