| 初期臨床研修 研修プログラム-指導体制

指導体制

指導体制

卒後臨床研修センターを総括するセンター長、副センター長に加え、熱心な若手医師がセンター長補佐として臨床研修に関することだけではなく、生活全般についても良き相談役として研修医を支えていきます。

各診療科で研修医を指導する指導医は、講師・シニアレジデントが中心となり、病院全体で70名余りが在籍しています。指導医は全員、指導医養成講習会を受講した研修指導のプロですから、研修医は自らの良きrole modelを見つけることができるでしょう。

指導責任者一覧

卒後臨床研修センター長 日野 啓輔
同 副センター長 佐々木 環
同 センター長補佐 西村 広健、林 宏明、永井 太士、窪田 寿子、庵谷 千恵子、木村 知巳

プログラム責任者・副責任者

初期研修基本 責任者 中田 昌男 部長(呼吸器外科)
副責任者 佐々木 環 部長(腎臓内科)
長谷川 徹 部長(整形外科)
西村 広健 医長(病院病理部)
林 宏明 医長(皮膚科)
協力型病院連携 責任者 中田 昌男 部長(呼吸器外科)
副責任者 佐々木 環 部長(腎臓内科)
長谷川 徹 部長(整形外科)
小児科 責任者 尾内 一信 部長(小児科)
産婦人科 責任者 下屋 浩一郎 部長(産婦人科)

卒後臨床研修指導医養成講習会

例年、臨床経験7年以上の指導医を対象として、厚生労働省承認の下開催しています。この講習会では、プログラム・評価法作成のプランニングを通して卒後臨床研修指導医の研修指導能力の向上を目指すことを目的として作業を行います。参加者は2日間にわたり基本的に小グループでのワークショップ形式での研修を行い、ワークショップ終了後、修了者全員に修了証が授与されます。

卒後臨床研修指導医養成講習会