| 後期臨床研修 研修プログラム - 科横断的プログラム

科横断的プログラム

感染症専門医プログラム

プログラム責任者 尾内 一信 研修期間 3年間

研修内容

院内感染症を含む各種感染症に精通した専門医を養成します。内科、小児科検査部救急科などをローテートします。各分野の感染症専門医が指導を担当します。

到達目標

  • 内科認定医、あるいは小児科専門医
  • ICD取得
  • 感染症専門医(※)

特記事項

※同時に、内科認定医又は小児科専門医取得が必要となります。

プログラムの特色と研修医へのメッセージ

特色

この感染症専門プログラムでは、高いクラスの感染症専門医育成を目指しています。バランスのとれた感染症に関する知識の修得が可能です。それは各分野の高い専門性を持つ指導医がおり、豊富な症例数があるからです。当院では、全ての感染症や関連領域を網羅した後期臨床研修が可能です。細菌感染症はもとより、ウイルス感染症、マイコプラズマ及びクラミジア感染症、真菌感染症などの幅広い感染症、さらに、旅行医学、予防接種など関連した勉強ができます。無論、ICTや感染対策室の活動を通じて院内感染対策を基本から対策の実際まで学ぶこともできます。さらに、抗微生物薬、ワクチンなどの治験に参加すること、厚生労働省の研究班、文部科学省研究費による研究などにも参加でき、将来専門家として独り立ちできる経験を積むことができます。

研修医の皆さんへ

感染症は、抗生物質により一時は克服できるであろうと思われる時期もありましたが、現在ではかえってreemerging diseases やemerging diseasesとして感染症が大変注目され、種々の耐性菌やSARS、新型インフルエンザなどの新感染症に対する新たな対策が必要な時代となっています。また、院内感染防止が病院の質として求められる時代となっており、感染症専門医に対する社会の期待が大きくなっています。

研修プログラム

研修期間は原則として3年です。過去に卒後初期臨床研修を終えた医師を対象として、内容は呼吸器内科小児科中央検査部放射線診断救急科を必修課程とします。希望に応じて選択課程として内科各科、耳鼻咽喉科眼科、外科各科、皮膚科産婦人科泌尿器科、基礎講座(微生物学)などをローテーションできます。全研修期間を通じてICTの一員として、院内感染対策業務を研修することになります。

  • 3年コース:必修課程  24カ月、選択課程  12カ月

研修実績

初めてのプログラムですので、まだ実績はありませんが、ほとんどの指導医は海外留学経験を持っていますので、興味ある領域への海外及び国内留学も可能です。

到達目標、取得できる資格、経験できる症例、手技など

感染症専門医の専門職として、独り立ちできることを到達目標としています。取得できる資格は、感染症専門医、認定ICD、渡航医学会認定医などです。

経験できる疾患

第2類以下の感染症全ての診断、治療、感染対策などをもれなく研修できます。希望者には熱帯関連感染症の海外研修も可能です。

教育関連病院

など。

臨床腫瘍医プログラム

プログラム責任者 岡 三喜男 研修期間 3年間(日本臨床腫瘍学会に順じます。)

研修内容

抗がん剤治療を専門とする医師を育成するため、各種がん治療領域をローテートします。呼吸器、消化器、血液内科、乳腺甲状腺外科、婦人科、病理、放射線診断・治療、緩和ケア。

到達目標

  • 臨床腫瘍医専門医
  • 各領域の認定医(例:内科認定医など)

特記事項

各領域の認定医取得を含めると、後期臨床研修は3年が最低必要となります。

プログラムの特色と研修医へのメッセージ

現在、死因の第1位であり全死亡数の約3割を占めるのが悪性腫瘍(がん)です。この分野で社会問題になっているのは、最も多くの人が亡くなる悪性疾患に対応する専門性を持った医師が極端に少ないことです。がん治療の分野では、手術の役割が減って、抗がん薬治療や放射線治療の役割が大きくなっています。社会的に問題になった抗がん薬の過剰投与事件から、がん化学療法に精通した専門医がいないことが大きな社会問題となりました。世界の先進国の中で、腫瘍学を専門とする学問体系が確立していないのは、日本だけです。

抗がん薬を使い慣れた臨床腫瘍医が抗がん薬を扱う方がずっと安全です。診断から終末期医療まで臨床試験、さらに、当院においては救急科高度救命救急センターで臨床経験を積むことによって、将来どの科を専攻しても全身管理のできる臨床医を育てています。質の高い医療を提供するためには、看護師、薬剤師など、他のコ・メディカルスタッフと連携することが必要であり、チーム医療の中心として、患者さんとそのご家族から真に求められ支持される臨床腫瘍医育成を目指しています。

研修プログラム

当院は日本臨床腫瘍学会の認定する施設です。米国、欧州、日本臨床腫瘍学会規定のプログラムに沿って、臨床臓器別グループである呼吸器内科血液内科、消化器、乳腺甲状腺外科産婦人科放射線科(治療)と、当院の特徴でもある救急医療の7部門ローテーションが必須です。さらに、診断系の病理、放射線診断、緩和ケアのローテートと、臨床腫瘍医としてサブスペシャリティを持つという意味でこれらグループのうちのどこかを選択し、専門性を高めます。新規治療法の開発に向けて臨床試験にも取り組み、医学研究における臨床試験の重要性とその方法を学びます。

到達目標、取得できる資格、経験できる症例、手技など

以下の認定医や専門医資格の取得が可能です。

  • 日本臨床腫瘍学会専門医
  • 日本がん治療学会がん治療専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本内科学会専門医
  • 日本呼吸器学会専門医
  • 血液学会認定医
  • 日本消化器病専門医
  • 日本乳がん学会認定医
  • 日本医学放射線学会放射線科専門医
  • 日本放射線腫瘍学会専門医