| 後期臨床研修 研修プログラム(各科専門医プログラム)-食道・胃腸内科

研修プログラム(各科専門医プログラム)

食道・胃腸内科

プログラムの特色と研修医へのメッセージ

消化管(食道・胃・小腸・大腸)全域の疾患を担当しています。

消化管領域は腫瘍性や炎症性など疾患が多岐にわたり、診断のためのX線検査、内視鏡検査、超音波検査などの実技が多い診療部門です。これらを十分に修得することは重要な研修課題の1つとして位置づけられます。当科ではそれぞれの専門医による指導の下、全ての診断手技を修得できる日本で唯一の施設です。 炎症性腸疾患に対する確定診断・治療、また、早期食道がん、胃がん、大腸がんに対する内視鏡的治療も積極的に行っており、詳細な臨床データに基づいた症例カンファレンスを頻繁に行うことにより、専門医の意見を参考にしながら治療方針を決定しています。そのため地域医療機関の信頼も厚く、紹介症例数も年々増加しています。一方、器質的疾患のみならず、食道アカラシアや過敏性腸症候群などの機能性疾患の診断・治療も積極的に行っています。

研修医の皆さんへ

当科は院内全ての一般内視鏡検査を担当しており、連日検査を担当する必要があるためデューティーの多い科です。しかし、短期間に多くの症例を経験することが可能で、臨床研修、さらに専門医の育成には適した施設です。また、楽しく働くことをモットーにしており、テニス・ゴルフ・サッカーなどそれぞれのプロフェッショナルが研修外課題の指導も行っております。ファイト溢れる研修医の参加を期待しています。

研修プログラム(研修計画)

シニアレジデント1年目は消化管造影・腹部超音波・上部消化管内視鏡検査を中心に手技、診断能力の向上を図り、2年目以降は下部消化管内視鏡検査のみならず消化管腫瘍の内視鏡的治療、消化管出血に対する内視鏡止血術などの治療手技にも積極的に参加していただきます。最長6年間の研修が可能で、希望により関連施設における手技向上を目的とした院外研修も可能です。また、学会発表や論文作成も積極的に行っており、将来的には海外での研修や研究も可能です。

取得できる資格、経験できる症例、手技など

修得できる手技

消化管造影検査、上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、体外式超音波検査、消化管運動機能検査、腫瘍性病変に対する内視鏡的治療、消化管狭窄に対する内視鏡的拡張術、消化管出血に対する内視鏡的止血術など。

取得できる資格(取得できる専門医)
  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本超音波学会専門医
  • 日本消化器がん検診学会専門医
  • 日本大腸肛門病学会専門医
  • 日本消化管学会胃腸科認定医
  • 日本ヘリコバクター学会 H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
  • 日本食道学会食道科認定医
  • 日カプセル内視鏡学会認定医