| スキルス・ラボ プログラム 看護師

看護師

研修プログラム一覧

コース名 目的 対象者
復職支援プログラムA 現場に復帰する看護師が、最新の医療安全・感染防止・注射の知識と技術を修得する。
復職支援プログラムB 現場に復帰する看護師が、最新の医療安全・感染防止・注射・呼吸ケア・循環ケアの知識と技術を修得する。
1 環境調整コース 療養している生活環境での患者のストレス因子を軽減し、患者への爽快感の提供及び患者の安全を守る技術を修得する。
2 栄養管理コース チューブを介して高カロリーの液状栄養剤を胃内に注入し、経口摂取できない患者に栄養補給する技術を修得する。
3 排泄ケアコース 疾患や障害などのためにトイレ歩行や自力で座位を保つことが困難な患者や、手術後や治療のため安静臥床を強いられている患者が、寝床で排泄行為を安全・安楽に完了できる技術を修得する
4 移動ケアコース 自力で移動することが困難な患者を目的の場所まで安全・安楽に移動・移送する技術及び自力で体位変換できない患者を安楽にする技術を修得する。
5 清潔ケアコース 全身や局所、頭髪に付着した汚れを落として、身体を清潔に保つ技術を修得する。
6 呼吸ケアコース 安全で安楽な酸素療法を提供できる技術及び気道を清浄化し、肺換気を改善する技術を修得する。
7 創傷ケアコース 褥瘡の発生を予防するとともに、すでに発生している褥瘡の悪化予防と組織の上皮化を図る技術を修得する。
8 ドレーンコース 手術や処置によって挿入されるドレーンの目的や特徴、管理についての技術を修得する。
9 与薬コース 安全に服用できる技術を修得する。
10 注射・採血コース 正しい方法での血液採取、注射、点滴注射の技術及び患者に安全に投与できる技術を修得する。
11 インスリンコース 安全にインスリン注射が行える技術及び血糖測定ができる技術を修得する。
12 輸血コース 正しい輸血の取扱方法及び安全に輸血が行える技術を修得する。
13 麻薬コース 正しい麻薬の取扱方法の技術を修得する。
14 救命救急コース 病室で急変した際の一次救命のための技術を修得する。
15 検体取扱コース 診断・治療のために採取した検体を正しく取り扱う技術を修得する。
16 循環ケアコース 循環動態をアセスメントする技術を修得する。
17 感染防止コース 感染防止技術を修得する。
18 医療安全コース 医療安全技術を修得する。
19 エンゼルコース 死後のケアやメイクの技術を修得する。

:看護学生  :看護師

研修プログラム申込方法

申し込み 研修をご望の方は、下記項目を記入の上 メール にてお申し込みください。
受付後、臨床教育研修センターからご連絡いたします。
  • 氏名(ふりがな)・性別・年齢
  • 職業(学校名)
  • 看護師経験年数
  • 連絡先:住所、電話番号
  • 希望コース
  • 希望日時(※第2希望までお知らせください。)
申込先 email川崎医科大学附属病院 臨床教育研修センター

研修プログラム詳細

復職支援プログラムA

現場に復帰する看護師が、最新の医療安全・感染防止・注射の知識と技術を修得する。

対象者 看護師
開催時期 随時 定員 2名以上
担当責任者 教育担当 所要時間 1日
内容

(1)医療安全 コース(講義・演習)

(2)感染防止コース(講義・演習)

(3)注射・採血コース(講義・演習)

使用シミュレーター/使用物品 採血・静脈シミュレーター“シンジョーII”
室名 模擬病室 チェックリスト/修了書

復職支援プログラムB

現場に復帰する看護師が、最新の医療安全・感染防止・注射・呼吸ケア・循環ケアの知識と技術を修得する。

対象者 看護師
開催時期 随時 定員 2名以上
担当責任者 教育担当 所要時間 2日
内容

(1)医療安全コース(講義・演習)

(2)感染防止コース(講義・演習)

(3)注射・採血コース(講義・演習)

(4)呼吸ケアコース(講義・演習)

(5)循環ケアコース(講義・演習)

使用シミュレーター/使用物品 ナーシングアン、フィジコ
室名 4人室、スタッフステーション チェックリスト/修了書

1.環境調整コース

療養している生活環境での患者のストレス因子を軽減し、患者への爽快感の提供及び患者の安全を守る技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 教育担当 所要時間 60分
内容

(1)「生活環境のアセスメントと調和」ビデオを25分間視聴する。

(2)手順通りに環境整備を行う。

(3)4人室でのベッドメーキングを行う。

(4)ベッドストッパーとベッド柵、スペーサーの取り扱いを行う。

(5)ナースコールやオーバーテーブルのセッティングを行う。

使用シミュレーター/使用物品 ナーシングアン
室名 4人室 チェックリスト/修了書

2.栄養管理コース

チューブを介して高カロリーの液状栄養剤を胃内に注入し、経口摂取できない患者に栄養補給する技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 教育担当 所要時間 90分
内容

(1)経管栄養法のビデオを25分間視聴する。

(2)経管栄養の準備を行う。

(3)経管栄養を開始~終了まで行う。

(4)pHチェックを行う。

(5)薬剤注入・白湯注入を行う。

(6)経管栄養の片づけを行う。

使用シミュレーター/使用物品 ナーシングアン
室名 4人室、スタッフステーション チェックリスト/修了書

3.排泄ケアコース

疾患や障害などのためにトイレ歩行や自力で座位を保つことが困難な患者や、手術後や治療のため安静臥床を強いられている患者が、寝床で排泄行為を安全・安楽に完了できる技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 教育担当 所要時間 60分
内容

(1)自立を目指す排泄の援助」ビデオを25分間視聴する。

(2)尿器介助を行う。(男性・女性・採尿パック)

(3)便器介助を行う。

(4)オムツ交換を行う。

(5)膀胱留置カテーテルの挿入(女性)・介助(男性)を行う。

(6)一時的導尿を行う。

使用シミュレーター/使用物品 尿便器、ポータブルトイレ、導尿トレーナー
室名 4人室、清浄室 チェックリスト/修了書

4.移動ケアコース

自力で移動することが困難な患者を目的の場所まで安全・安楽に移動・移送する技術及び自力で体位変換できない患者を安楽にする技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 教育担当 所要時間 90分
内容

(1)「自立のための移動援助」ビデオを25分間視聴する。

(2)車椅子からベッド間の移動、車椅子移送を行う。

(3)スロープを使用して車椅子での移送を行う。

(4)ベッドからストレッチャー間の移動、ストレッチャー移送を行う。

(5)良肢位の保持を行う。

(6)体位変換を行う。

使用シミュレーター/使用物品 車椅子、スロープ、ストレッチャー
室名 4人室 チェックリスト/修了書

5.清潔ケアコース

全身や局所、頭髪に付着した汚れを落として、身体を清潔に保つ技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 教育担当 所要時間 120分
内容

(1)「くつろぎと安らぎをもたらす清拭援助」ビデオを25分間視聴する。

(2)全身清拭を行う。

(3)臥床患者、点滴ラインのある患者の寝衣交換を行う。

(4)ケリーパッドを使用しての洗髪を行う。

(5)陰部洗浄を行う。

(6)口腔ケアを行う。

(7)臥床中患者の手浴・足浴を行う。

使用シミュレーター/使用物品 口腔ケア、ナーシングアン
室名 4人室 チェックリスト/修了書

6.呼吸ケアコース

安全で安楽な酸素療法を提供できる技術及び気道を清浄化し、肺換気を改善する技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 教育担当 所要時間 120分
内容

(1)「成人患者の気道クリーニングと酸素療法の効果を高める看護技術」ビデオを25分間視聴する。

(2)呼吸音の聴取を行う。

(3)酸素コルベンの準備、中央配管への装着を行う。

(4)酸素ボンベの交換を行う。

(5)酸素残量の計算を行う。

(6)カニューレ、マスク、リザーバーマスク、ベンチュリーマスクを取り扱う。

(7)気管内、口腔内、鼻腔内吸引を行う。

(8)ネブライザー吸入器を取り扱う。

(9)低圧持続吸引器を取り扱う。

使用シミュレーター/使用物品 吸引シミュレーター、ナーシングアン
室名 4人室、スタッフステーション チェックリスト/修了書

7.創傷ケアコース

褥瘡の発生を予防するとともに、すでに発生している褥瘡の悪化予防と組織の上皮化を図る技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 認定看護師、教育担当 所要時間 60分
内容

(1)体圧分散寝具の機能を知る。

(2)褥瘡発生リスクアセスメントを査定する。

(3)創傷へのガーゼ交換を行う。

(4)滅菌物を取り扱う。

(5)上肢・下肢への包帯法を行う。

使用シミュレーター/使用物品 ナーシングアン、ストーマケアセット、包帯練習人形
室名 4人室 チェックリスト/修了書

8.ドレーンコース

手術や処置によって挿入されるドレーンの目的や特徴、管理についての技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 教育担当 所要時間 60分
内容

(1)低圧持続吸引器、各種低圧ドレーン、プリーツドレーン類を取り扱う。

(2)排液の観察、廃棄を行う。

使用シミュレーター/使用物品 胸部ドレーンシミュレーター
室名 4人室 チェックリスト/修了書

9.与薬コース

安全に服用できる技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 教育担当 所要時間 40分
内容

(1)「与薬-安全な与薬ケアのために-」ビデオを25分間視聴する。

(2)ダブルチェックを行う。

(3)坐薬挿入、点眼、湿布貼用を行う。

使用シミュレーター/使用物品 導尿トレーナー
室名 4人室、スタッフステーション チェックリスト/修了書

10.注射・採血コース

正しい方法での血液採取、注射、点滴注射の技術及び患者に安全に投与できる技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 注射トレーナー、教育担当 所要時間 140分
内容

(1)「静脈注射」「留置針」ビデオを31分間視聴する。

(2)静脈血採血を行う。

(3)皮下注射、筋肉注射、静脈注射を行う。

(4)静脈針留置を行う。

(5)輸液ポンプ、シリンジポンプを使用する。

(6)点滴速度の滴下数を計算する。

(7)透析用ルートのヘパリンロックを行う。

使用シミュレーター/使用物品 採血・静脈シミュレーター“シンジョーII”
室名 4人室、スタッフステーション チェックリスト/修了書

11.インスリンコース

安全にインスリン注射が行える技術及び血糖測定ができる技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 2~10名
担当責任者 糖尿病療養指導士、教育担当 所要時間 90分
内容

(1)「インスリン自己注射技術を修得する成人糖尿病患者への看護技術指導」ビデオを25分間視聴する。

(2)フレックスペンを取り扱う。

(3)自己血糖測定器を使用して血糖測定を行う。

(4)アントセンスを使用して血糖測定を行う。

(5)皮下注射を行う。

使用シミュレーター/使用物品 なし
室名 4人室 チェックリスト/修了書

12.輸血コース

正しい輸血の取扱方法及び安全に輸血が行える技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 教育担当 所要時間 60分
内容

(1)輸血を取り扱う。

(2)電子カルテ携帯情報端末を使用した確認、入力を行う。

(3)輸血の受け取りから保管、投与までを行う。

使用シミュレーター/使用物品 電子カルテ
室名 4人室、スタッフステーション チェックリスト/修了書

13.麻薬コース

正しい麻薬の取扱方法の技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 教育担当 所要時間 60分
内容

(1)麻薬を取り扱う。

(2)麻薬の受け取りから保管、投与、返却までを行う。

使用シミュレーター/使用物品 なし
室名 4人室、スタッフステーション チェックリスト/修了書

14.救命救急コース

病室で急変した際の一次救命のための技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 認定看護師、救急看護師、
BLSインストラクター
所要時間 140分
内容

(1)BLSの技術を行う。心臓マッサージ、AED、除細動器を使用する。

(2)救急カートの内容と使用目的を確認する。

(3)緊急ナースコールを取り扱う。

(4)気管内挿管の準備を行う。

(5)除細動器の準備を行う。

使用シミュレーター/使用物品 レサシアン
室名 4人室、演習室4 チェックリスト/修了書

15.検体取扱コース

診断・治療のために採取した検体を正しく取り扱う技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 教育担当 所要時間 60分
内容

(1)検体容器を取り扱う。

(2)血液型表試験を行う。

(3)アントセンスを使用し、血糖測定を行う。

(4)自己血糖測定器を使用し、血糖測定を行う。

(5)静脈血採血を行う。

(6)「採血」ビデオを14分間視聴する。

(7)血液、痰、尿、検体を適切な検体容器に入れる。

使用シミュレーター/使用物品 なし
室名 4人室、スタッフステーション チェックリスト/修了書

16.循環ケアコース

循環動態をアセスメントする技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 ACLSプロバイダー、教育担当 所要時間 90分
内容

(1)バイタルサインを測定し、アセスメントする。

(2)代表的な不整脈を触知する。

(3)心電図モニターを装着する。

(4)十二誘導の装着、モニタリングをする。

(5)パルスオキシメーターで測定をする。

使用シミュレーター/使用物品 ナーシングアン
室名 4人室 チェックリスト/修了書

17.感染防止コース

感染防止技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 認定看護師、教育担当 所要時間 120分
内容

(1)「感染予防と看護」ビデオを25分間視聴する。

(2)手指消毒を行う。

(3)ガウンテクニックを行う。

(4)防護具を正しく装着する。

(5)医療廃棄物の取り扱いをする。

(6)滅菌操作を行う。

(7)針刺し事故防止の用具を使用する。

使用シミュレーター/使用物品 グリッターバグ
室名 演習室3、4人室、スタッフステーション チェックリスト/修了書

18.医療安全コース

医療安全技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 5~10名
担当責任者 リスクマネージャー、教育担当 所要時間 60分
内容

(1)ダブルチェック、トリプルチェックを行う。

(2)緩衝マット、感知式マットを取り扱う。

(3)薬剤暴露防止法を行う。

(4)安全、安楽な氷枕、湯たんぽを作成する。

使用シミュレーター/使用物品 衝撃吸収マット、氷枕、湯たんぽ
室名 4人室 チェックリスト/修了書

19.エンゼルコース

死後のケアやメイクの技術を修得する。

対象者 看護学生・看護師
開催時期 随時 定員 3~10名
担当責任者 教育担当 所要時間 180分
内容

(1)「危篤時の看護」ビデオを25分間視聴する。

(2)死後のケアを行う。

(3)エンゼルメイクを行う。

使用シミュレーター/使用物品 尊体メイクセット
室名 4人室 チェックリスト/修了書